スズキ、新型「Hayabusa(ハヤブサ)」をインドで組み立てて発売 | 中古バイク検索 ゲットバイク 
 バイク検索「ゲットバイク」

スズキ、新型「Hayabusa(ハヤブサ)」を
インドで組み立てて発売

スズキ株式会社のインドにおける二輪車の生産販売子会社であるスズキ・モーターサイクル・インディア社(SMIPL社)は、2021年4月26日に新型「Hayabusa(ハヤブサ)」を発表した。日本から部品を輸出し、SMIPL社の工場で組み立てを行い、5月よりインド国内で販売を開始する。

インドで発表した新型「Hayabusa」

新型「Hayabusa」は、高い空力特性を持つ独特のデザインや優れた走行性能で世界中のお客様からご好評いただいているスズキのフラッグシップモデルの3代目である。2月より欧州をはじめ、北米、日本など全世界で順次販売を開始しており、このたび新型「Hayabusa」として初めて海外工場で組み立てを行う。

「Hayabusa」組み立ての様子

SMIPL社は2016年3月より、2代目「Hayabusa」をはじめとする大型二輪車の組み立てを行っており、新型「Hayabusa」の組み立てを通じて同社の高い技術力をアピールするとともに、インドにおけるスズキブランドの存在感を高める。

スズキ・モーターサイクル・インディア社の概要

社名Suzuki Motorcycle India Private Limited
本社所在地ニューデリー市
従業員数約1,400名(2021年3月末現在)
資本金178億1,553万ルピー(スズキ出資比率100%)
生産台数599,924台(2020年度)
二輪生産車種アクセス125、バーグマンストリート、ジクサーシリーズ、イントルーダー
大型二輪組立車種Hayabusa、V-Strom 650
PCサイトスマートフォンサイト
閉じる