バイク関連の情報を発信しています 
 Tag Archive | Hayabusa

スズキ、新型「Hayabusa(ハヤブサ)」を
インドで組み立てて発売

スズキ株式会社のインドにおける二輪車の生産販売子会社であるスズキ・モーターサイクル・インディア社(SMIPL社)は、2021年4月26日に新型「Hayabusa(ハヤブサ)」を発表した。日本から部品を輸出し、SMIPL社の工場で組み立てを行い、5月よりインド国内で販売を開始する。

インドで発表した新型「Hayabusa」

新型「Hayabusa」は、高い空力特性を持つ独特のデザインや優れた走行性能で世界中のお客様からご好評いただいているスズキのフラッグシップモデルの3代目である。2月より欧州をはじめ、北米、日本など全世界で順次販売を開始しており、このたび新型「Hayabusa」として初めて海外工場で組み立てを行う。

「Hayabusa」組み立ての様子

SMIPL社は2016年3月より、2代目「Hayabusa」をはじめとする大型二輪車の組み立てを行っており、新型「Hayabusa」の組み立てを通じて同社の高い技術力をアピールするとともに、インドにおけるスズキブランドの存在感を高める。

スズキ・モーターサイクル・インディア社の概要

社名Suzuki Motorcycle India Private Limited
本社所在地ニューデリー市
従業員数約1,400名(2021年3月末現在)
資本金178億1,553万ルピー(スズキ出資比率100%)
生産台数599,924台(2020年度)
二輪生産車種アクセス125、バーグマンストリート、ジクサーシリーズ、イントルーダー
大型二輪組立車種Hayabusa、V-Strom 650

若桜鉄道「隼」ラッピング列車 第3弾ラッピングデザインが決定

若桜鉄道及び若桜町・八頭町では、平成28年3月からスズキ株式会社協力のもと、スズキ製バイク「隼」のラッピング車両の運行を開始する。

第3弾ラッピングデザイン

現在の「隼」ラッピング列車は、平成31年3月にラッピングデザインを一新した車両だが、このたび、再びスズキ株式会社協力のもと、デザインを一新することとなり、ラッピングデザインが決定した。また、このたびラッピングデザイン更新のため、現在運行中の隼ラッピング列車は4月9日(金)の運行をもって見納めとなる。
なお、新ラッピングデザイン車両は、4月29日(木・祝)にお披露目を予定している。

隼ラッピング列車

若桜鉄道の隼駅がSUZUKIのバイク「隼」と同名であることから、隼駅がライダーの聖地とされ、毎年8月に開催される「隼駅まつり」には、北海道から沖縄まで全国から2,500台余りもの大型バイクが集まることに、ライダー達の熱い想いに応えようとメーカー、鉄道、地元の熱意が結晶し、誕生した車両。

4月9日(金)の隼ラッピング列車運行スケジュール

※運行日程は変更になる場合があります。
詳しくは、若桜鉄道(☎0858-82-0919)へお問い合わせください。

現在運行中の隼ラッピング列車(WT3301号)

GSX1300Rの中古バイクを探す

GSX1300Rの中古バイク

スズキ、フラッグシップの大型二輪車
新型「Hayabusa(ハヤブサ)」を国内で発売

スズキ株式会社は、大型二輪車新型「Hayabusa(ハヤブサ)」を4月7日より全国の「ハヤブサ取扱店」で発売する※1

新型「Hayabusa」

「Hayabusa」は、1999年に初代モデル、2007年に2代目モデルを発売して以来、開発コンセプト「Ultimate Sport(究極のスポーツバイク)」のもと、高い空力特性を持つ独特のデザインや優れた走行性能で世界中のお客様からご好評いただいているスズキのフラッグシップモデルである。
3代目となる新型「Hayabusa」は、2021年2月末より欧州・北米で販売を開始しており、国内では2014年に2代目モデルを発売して以来、7年ぶりの発売となる。

国内で発売する新型「Hayabusa」は、欧州と同じ仕様、装備に加え、専用装備としてツーリング時の利便性を高めるETC2.0車載器を標準装備した。
また、お客様の好みに応じて外装色の組み合わせや前後ホイールのカラーを選択できる「カラーオーダープラン」※2をスズキとして初めて設定した。「カラーオーダープラン」では、外装カウル3色、外装アクセントカラー3色、ホイール2色を組み合わせることができ、標準車体色3色を含む全18パターンの組み合わせの画像をスズキホームページ内の「Hayabusaスペシャルサイト」で確認することができる。

新型「Hayabusa」は、3月19日午後2時よりスズキホームページ上で開催する「スズキWEBモーターサイクルショー2021」で開発者インタビューや走行映像のほか、様々な角度から見ることができるバーチャル体験映像などを公開する。

標準車体色

黒/金「グラススパークルブラック/キャンディバーントゴールド」
銀/赤「マットソードシルバーメタリック/キャンディダーリングレッド」
白/青「ブリリアントホワイト/マットステラブルーメタリック」

メーカー希望小売価格(消費税10%込み)

Hayabusa(ハヤブサ)
標準車体色 黒/金、白/青 2,156,000 円
標準車体色 銀/赤 2,167,000 円
カラーオーダープラン 黒、白ベース 2,211,000 円
カラーオーダープラン 銀ベース 2,222,000 円

Hayabusaスペシャルサイト

https://www1.suzuki.co.jp/motor/hayabusa-sp/

スズキWEBモーターサイクルショー2021

https://www1.suzuki.co.jp/motor/web-mcs2021/

スズキ、フラッグシップの大型二輪車 新型「Hayabusa(ハヤブサ)」を発表

スズキ株式会社は、フラッグシップの大型二輪車「Hayabusa(ハヤブサ)」を全面改良し、2021年2月末頃より欧州をはじめ、北米、日本など全世界で順次販売を開始する。

新型「Hayabusa」

3代目となる新型「Hayabusa」は、13年ぶりの全面改良モデルとして、初代から続く開発コンセプト「Ultimate Sport(究極のスポーツバイク)」のもと、高い空力特性を持つ独特のデザインや優れた走行性能をさらに進化させた。

一目で「Hayabusa」とわかるデザインは、流麗なフォルムに大胆な面使いと前傾姿勢でシャープかつエッジの効いたスタイリングを採用した。ボディーカラーはフロントフェイス左右にある吸気口、ボディー側面、リヤまわりに車体色とは異なるアクセントカラーを用いたツートーンカラーとした。また、吸気口の縁にはポジションライト組込型ターンシグナルをスズキ二輪車として初採用した。

新型「Hayabusa」

1,340cm3直列4気筒エンジンは、電子制御スロットルの採用や吸排気の機構変更などにより、低中速域における出力とトルクを向上しながら、空力特性の追求によって高速性能を落とすことなく、欧州で2020年より新型の二輪車を対象に導入されている新しい排ガス規制「ユーロ5」に対応した(欧州仕様車)。
新搭載の電子制御システムS.I.R.S.(スズキインテリジェントライドシステム)には、出力特性、トラクションコントロール、エンジンブレーキコントロールなど5つの制御を設定パターンから選択できるSDMS-α(スズキドライブモードセレクターアルファ)を採用したほか、設定速度を超えないようにするスピードリミッターを二輪車で世界初採用した。各種の電子制御のモード数を多く設定することで、街乗りからツーリング、サーキットまでの様々な走行シーンやユーザーの好み、技量に対応できるようにした。
※2021年2月現在。スズキ調べ。

●新型「Hayabusa」の主な装備

S.I.R.S.
(スズキインテリジェントライドシステム)
概要モード数解除可能
SDMS-α
(スズキドライブモードセレクターアルファ)
モーショントラックトラクションコントロールシステム、パワーモードセレクター、双方向クイックシフトシステム、アンチリフトコントロールシステム、エンジンブレーキコントロールシステムをあらかじめセットされた設定パターン(プリセット)またはユーザーが任意で設定できるパターン(ユーザーセット)から選択可能プリセット:3
ユーザーセット:3
モーショントラックトラクションコントロールシステムトラクション制御を選択可能10
パワーモードセレクター出力特性を選択可能3
双方向クイックシフトシステムクラッチやスロットル操作をせずにシフトアップ/ダウンが可能2
アンチリフトコントロールシステム加速時にフロントホイールがリフトするのを防ぎ、安定した加速をサポート10
エンジンブレーキコントロールシステムエンジンブレーキの効果を選択可能3
ローンチコントロールシステム発進時にフロントホイールがリフトするのを防ぎ、最適な発進をサポートする3
アクティブスピードリミッター設定した速度を超えないようにするシステム
クルーズコントロールシステムスロットルを回さずに、設定した一定速度で走行
コンビネーションブレーキシステム前後のブレーキを連動
モーショントラックブレーキシステムコーナリング時に車体のバンク角に応じてABSを制御
スロープディペンデントコントロールシステム下り勾配に応じてABSの制御を最適化
ヒルホールドコントロールシステム上り坂で停止後の発進時に車両後退を抑制
エマージェンシーストップシグナル約55km/h以上で走行中に急ブレーキを検知すると、前後ターンシグナルが自動で高速点滅し、後続車に急ブレーキを知らせる
スズキイージースタートシステムワンプッシュでエンジン始動が可能
ローRPMアシストスムーズな発進を補助

●新型「Hayabusa」の諸元

全長2,180mm
全幅735mm
全高1,165mm
ホイールベース1,480mm
装備重量264kg
エンジン型式1,340cm3水冷・4サイクル・直列4気筒
最高出力140kW/9,700rpm
最大トルク150Nm/7,000rpm
燃費14.9km/L(WMTCモード)
PCサイトスマートフォンサイト
閉じる