バイク関連の情報を発信しています 
 Archive | 2月

「TMAX560 TECH MAX ABS」2021年モデルを発売 ~スポーティかつ多様なシーンにマッチする“グレー”を新設定~

ヤマハ発動機株式会社は、スポーティな走行性能と利便性をバランスさせた“オートマチックスポーツ”「TMAX560 TECH MAX ABS」のカラーリングを変更し、2021年モデルとして4月26日に発売する。

「TMAX560 TECH MAX ABS」(グレー)

新色の“グレー”は、スポーティなイメージを表現し、多様なスタイルやシーンにマッチする上級モデルにふさわしい洗練された風合い。エンブレムにはボディカラーとの対比が映えるレッドクロームを採用。なお、“マットグリーニッシュグレー”は、継続販売する。
「TMAX560 TECH MAX ABS」は、スタンダードモデルの「TMAX560 ABS」をベースに、クルーズコントロールシステム、電動調整式スクリーン、グリップウォーマー、メインシートヒーター、調整機能付きリアサスペンションを搭載し、快適性を高めた上級モデル。スタンダードモデル「TMAX560 ABS」の “マットグレー”は、継続して販売する。

メーカー希望小売価格(税込)

TMAX560 TECH MAX ABS 1,419,000円
TMAX560 ABS 1,276,000円

軽量・コンパクトで扱いやすい200cc スクーター「バーグマン200」にABS仕様を設定して発売

スズキ株式会社は、軽量・コンパクトで扱いやすい200cc スクーターの「バーグマン200」にABS 仕様を設定して3 月16日より発売する。

バーグマン200 ABS(ニュータイタンブラック)

「バーグマン200 ABS」は、 軽量・コンパクトで扱いやすい車体に、 力強い加速と滑らかな走行を実現する200ccの水冷エンジンを搭載したスクーターである。多機能メーターの採用や大容量のシート下収納、足つき性の良いフロアボード形状と低いシート高など、通勤・通学からプライベートまで様々な用途での使い勝手を高め、快適性と機能性を追求した。

●主な変更点

ABS仕様に変更
・車体色3色
マット青:「マットステラブルーメタリック」(YUA)
黒:「ニュータイタンブラック」(YNR)
白:「ブリリアントホワイト」(YUH)

●「バーグマン200 ABS」の主な特長

エンジン

  • 力強い加速と滑らかな走行を実現する、最高出力13kWの199cm3 水冷4 サイクル単気筒エンジン。
  • 平成28年国内新排出ガス規制に対応。

デザイン・装備

  • 大型スクーター「バーグマン」シリーズに共通する独立2 灯型ヘッドライトおよびテールランプを採用した上品でスポーティーなデザイン。

車体

  • 装備重量165kgの軽量・コンパクトで扱いやすい車体。

装備

  • 走行データから算出した燃費状況を表示する平均燃費計や、燃費の良い走行状況の目安となるエコ・ドライブ・インジケーターを装備した、視認性の高い多機能メーター。
  • フルフェイス・ヘルメットが2個※1入る大容量41Lのシート下収納や、12Vのアクセサリーソケットを備えたフロントボックス。
  • 左右の足元付近を絞り込んだ形状のカット・フロアボードの採用と、735mmの低いシート高により優れた足つき性を実現。
  • 前・後輪に取り付けられたホイールスピードセンサーにより各車輪速度を検知し、ブレーキの効きを自動的にコントロールして車輪のロックを一定範囲内で防ぐABSを標準装備。※2

※1 ヘルメットの形状や大きさによっては収納できない場合がある。
※2 路面状況(濡れた路面や悪路等)によっては、ABSを装着していない車両よりも制動距離が長くなる場合があります。
また、コーナリング中のブレーキングによる車輪の横滑りはコントロールすることができません。ABS を過信せずに安全運転を心がけてください。

メーカー希望小売価格(消費税10%込み)

バーグマン200 ABS 571,340 円

バーグマン200の中古車を探す

バーグマン200の中古バイク

「MT-03 ABS」「MT-25 ABS」 2021年モデルを発売 ~MTシリーズの個性を主張するカラーリングへアップデート~

ヤマハ発動機株式会社は、ロードスポーツモデル「MT-03 ABS」および「MT-25 ABS」のカラーリングとグラフィックを変更し、2021年モデルとして4月28日に発売する。

「MT-03 ABS」(グレー)

“グレー”は、鮮やかなバーミリオンのホイールとエアスクープに配したシアンのグラフィックで、MTシリーズのアグレッシブなスタイリングを演出。
“ブルー”はフロントフェンダーやエアスクープにマットグレーを組み合わせ、スーパースポーツモデルを彷彿させる。
“マットダークグレー”は、ダークトーンのローコントラストでシリアスな走りを予感させるカラーリングとしている。

「MT-03 ABS」「MT-25 ABS」は、シャープで躍動感あるスタイリングと軽快な走りを兼ね備える“MTシリーズ”のエントリーモデルとして、若年層を中心に高い人気を得ているモデル。

製造は当社グループ会社PT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturing (YIMM)が行う。

メーカー希望小売価格(税込)

MT-03 ABS 654,500円
MT-25 ABS 621,500円

MT-03 ABS/MT-25 ABSの中古車を探す

MT-03 ABSの中古バイク
MT-25 ABSの中古バイク

MotoGP世界選手権 Monster Energy Yamaha MotoGPがワールドGP参戦60周年となる2021年の活動をスタート

2021年2月15日、ヤマハ発動機株式会社は、1961年のロードレース世界選手権初参戦から60周年となる今シーズンに向け、MotoGPに参戦する「Monster Energy Yamaha MotoGP」の体制発表を、バーチャルリアリティー・プレゼンテーションにて開催した。

プレゼンテーションには、当社MotoGPグループリーダーの鷲見崇宏、「Monster Energy Yamaha MotoGP」の代表でYamaha Motor Racingマネージング・ダイレクターのリン・ジャービス、「Monster Energy Yamaha MotoGP」のダイレクターであるマッシモ・メレガリ、ヤマハ・ファクトリー・ライダーのマーベリック・ビニャーレス選手とファビオ・クアルタラロ選手、Monster Energyスポーツ・マーケティングのシニア・バイス・プレジデント、ミッチ・コビントン氏が参加。それぞれが間近に迫ったシーズンに対する思いを語った後、2021年型「YZR-M1」を紹介した。

2017年にファクトリーチームに加入したビニャーレス選手は、その年に2戦連続優勝などの活躍でランキング3位を獲得。2018年は苦戦を強いられながらも、オーストラリアGPで優勝するなどランキング4位と健闘した。2019年はオランダGPとマレーシアGPでの優勝などで再びランキング3位に浮上すると、2020年は厳しい状況のなかでタイトル争いに加わり、最終的にランキング6位でシーズンを終えた。
一方のクアルタラロ選手は、今シーズンから新たにチームに加入したが、昨年まで「Petronas Yamaha Sepang Racing Team」で活躍し、MotoGPファンの間ではすでによく知られた存在です。MotoGPデビューとなった2019年は合計7回(2位5回、3位2回)の表彰台に立ち、ランキング5位を獲得しルーキー・オブ・ザ・イヤーにも輝いた。2020年は初戦のスペインGPで最高峰クラス初優勝を達成し、1週間後に同サーキットで行われた第2戦で連勝。3勝目はカタルニアGPで実現しましたが、ランキングは8位となった。

「YZR-M1」のカラーリングは昨年と同様で、ピットボックス、レザースーツも含め、Monster EnergyのブラックからYamaha Factory Racingのブルーへのグラデーションを採用。またMonster Energyのクロー(爪型)のロゴは、チームロゴやチームのユニフォームでも表現している。
 2018年の夏に「Yamaha Factory Racing MotoGP Team」のタイトルスポンサーとして複数年契約に合意したMonster Energy Companyとは、長期的にグローバルな提携関係を築いてきた。MotoGP以外にもさまざまなカテゴリーにおいて多くのヤマハチーム、ビニャーレス選手、クアルタラロ選手を含むライダーたちをサポートしている。
 チームはまた、3月6~7日と10~12日にカタールで開催されるオフィシャル・テストからはじまる2021シーズンを通じて、Thai Yamaha Motor Co. Ltd.、PT Yamaha Indonesia Motor Manufacturing、Yamaha Motor Philippinesのスローガンとともに参戦することを発表した。

ロサイル・インターナショナル・サーキットで行われるテストには、ビニャーレス選手、クアルタラロ選手とともに、「Yamaha Factory Racing MotoGP」のテストライダーとして新たに契約を締結したカル・クラッチロー選手も参加することが決定。最高峰クラスで豊富な経験を持つクラッチロー選手は3月5日、「YZR-M1」のシェイクダウン・テストで7年ぶりに復帰する。

 「Monster Energy Yamaha MotoGP」は2021シーズンに向けて、オフィシャル・チーム・ウエアのメーカーとして新たにVR46 Racing Apparelと契約。すべてのウエアにVR46 Racing Apparelのロゴが入るほか、同一製品がグローバルに販売されることとなる。また、ヤマハbLU cRUプログラムのサポートを継続し、次世代のレーシングスターを目指す若いオンロードライダーたちの支援を行い、ビニャーレス選手とクアルタラロ選手は同プログラムのアンバサダーとなる。

最後に、「Monster Energy Yamaha MotoGP」は継続的な技術の進歩を見据え、シーズンを通じてバレンティーノ・ロッシ選手、フランコ・モルビデリ選手、そして「Petronas Yamaha Sepang Racing Team」と緊密に協力していく。ロッシ選手はファクトリー・フルスペックの「YZR-M1」を、モルビデリ選手はAスペックの「YZR-M1」を駆り、いずれも当社エンジニアのフルサポートを受けてマシンのさらなる開発を進めていく。

伊藤洋談(Yamaha Motor Racing社長兼MS開発部部長)

「シーズンの開幕を待ってくださっている世界中のヤマハMotoGPファンの皆さまにお礼を申し上げます。私たちヤマハ発動機のモータースポーツ開発部門はすでに、2021シーズンのスタートの準備を整えています。昨年はすべてのMotoGPライダー、チーム、スタッフにとって非常に厳しい1年でした。この間、ライダーとチームがともに協力し合い、さまざまな困難を克服してきましたが、今年も昨年同様、MotoGPのタイトル獲得のために力を合わせて取り組んでいきます。昨年の経験を生かしながら、その上に持ち前の創造性と創意工夫をプラスしチャンピオン獲得を目指します。私たちは自信を持っており、そのための準備もできています。4人の素晴らしいライダーたちを擁するMonster Energy Yamaha MotoGP TeamとPetronas Yamaha Sepang Racing Teamの成功を楽しみにしてください」

リン・ジャービス談(Yamaha Motor Racingマネージング・ダイレクター)

「Monster Energy Companyが私たちのスポンサーとなって9年目、タイトルスポンサーとなって3年目のシーズンを迎えます。彼らとの長期にわたるパートナーシップを誇りに思います。こうした緊密な関係はコース上だけでなく、コースの外でも見ることができます。我々チームはMonster Energyの継続的なサポートと貢献、そしてモーターサイクル・スポーツに対する興味と情熱に心から感謝しています。
このことは、その他の多くの公式スポンサー、パートナー、サプライヤーについても同様です。皆さまの支えがなければトップレベルでの戦いは不可能だからです。
昨年ヤマハは7つの勝利を手にし、優勝回数では他のマニュファクチャラーを抑えてトップに立ちましたが、ポイント争いでは及ばずタイトルを逃してしまいました。MotoGP世界選手権のチャンピオン獲得を目標に挑む今年は、ビニャーレス選手のチームメイトにクアルタラロ選手を迎え、ふたりのチャンピオン候補を走らせることになりました。こうなればやるべきことは明らかです。レースに勝利し、長いシーズンを通じて安定性を維持することです。マシンの改良とチーム内の変化により、新たな挑戦への準備が整ったと確信しています」

マッシモ・メレガリ談(Monster Energy Yamaha MotoGPダイレクター)

「2020年は厳しいシーズンでしたが、私たちはこの経験から多くのことを学び、2021シーズンへの期待をしっかり持っています。新型コロナウイルス感染症の拡大が収まらないなかでセパンテストが中止となり、ファンの皆さまにはもうしばらくお待ちいただかなければならなくなりましたが、私たちは今、間近に迫ったカタールテストに向けて自信を深めています。ヤマハのエンジニアたちは、M1の開発を推進するために非常に多くの時間を費やしてきました。これからはチームが新しいものをたくさんテストしていく番です。若い二人のライダーとともに2021シーズンも全力で戦います。スタートが待ちきれません」

マーベリック・ビニャーレス選手談(Monster Energy Yamaha MotoGP ライダー)

「昨年は誰もが大変な思いをしましたが、今はそれらを過去のものとし、これからやって来る未来に気持ちを集中しています。セパン・インターナショナル・サーキットで予定されていた2回のテストがキャンセルとなり、YZR-M1のライディングまでもうしばらく待たなければならなくなりました。とても長い冬休みになってしまいましたが、オフシーズンの間に休養を楽しんだあと、今はシーズンのスタートをとても楽しみにしています。テストのチャンスはカタールテストだけなので、すぐにでも実力を発揮できるようにしていかなければなりません」

ファビオ・クアルタラロ選手談(Monster Energy Yamaha MotoGP ライダー)

「新しいチームで迎えるシーズンのスタートをとても楽しみにしています。これまでとは別の新しいスタッフのもとで、新しいことを学ぶのは非常にエキサイティング! Monster Energy YamahaのYZR-M1を走行できると思うと、今はカタールテストが待ち遠しくて仕方ありません。ソーシャルメディアを通して私のゼッケンナンバーを付けた合成写真を何度も見ましたが、実物を初めてこの目で見たときの感覚は特別なものでした。早くYZR-M1に乗りたいです!」

アグレッシブなスタイリングに高揚感のあるスムーズなスロットルレスポンスと爽快な走りを特長とする「GSX-S750 ABS」のカラーリングを変更して発売

スズキ株式会社は、アグレッシブなスタイリングに、高揚感のあるスムーズなスロットルレスポンスと爽快な走りを特長とする「GSX-S750 ABS」のカラーリングを変更して2月22日より発売する。

●主な変更点

車体色:3 色
黒青:「グラススパークルブラック/トリトンブルーメタリック」(KEL)
灰黒:「オールトグレーメタリックNo.3/グラススパークルブラック」(BD7)
つや消し黒:「マットブラックメタリックNo.2」(YKV)
※価格及び諸元に変更は無い。

●「GSX‐S750 ABS」の主な特長

エンジン

  • 一般公道での扱いやすさを追求した高出力(最高出力83kW/10,500rpm、最大トルク80N・m/9,000rpm)の749cm3直列4気筒エンジンは、「GSX‐R750」ゆずりの高揚感のあるスムーズなスロットルレスポンスと爽快な走りを実現。
  • 発進時や低回転走行時に、エンジン回転数、ギヤポジション、スロットル開度等の情報を用いて、エンジン回転数をわずかに上げる「ローRPMアシスト」を採用し、発進・停車を繰り返す市街地走行などでの操作性を向上。

デザイン・装備

  • GSX‐Rシリーズ直系エンジンを搭載したストリートスポーツバイクのGSX‐Sシリーズに相応しい、低く構えたアグレッシブなスタイリング。
  • 「GSX‐S1000」と共通イメージの躍動感あふれるラインと、牙を模したポジションランプを装備したヘッドランプスタイル。
  • 前後輪に花弁形状のペータルブレーキディスクや10本スポークのアルミ製キャストホイールを採用し、強力な制動力を発揮するラジアルマウントフロントブレーキキャリパーを装備するなど、スポーティーな印象を与える足回りで「走りの質感」を表現。
  • ハンドルが固定される中央部を大径化したテーパー形状により力強さを感じさせるハンドルバー。

装備

  • 3 段階※1から選択可能なトラクションコントロールは、前後輪の速度、スロットルポジション、クランクポジション、ギヤポジションの各センサーの情報により、リヤタイヤのホイールスピンを検出した際、速やかにエンジン出力を低減。エンジン出力をより効率よく路面に伝達することが可能となり、より快適なライディングを楽しめる。※2
  • 前・後輪に取り付けられたホイールスピードセンサーにより各車輪速度を検知し、ブレーキの効きを自動的にコントロールして車輪のロックを一定範囲内で防ぐABSを標準装備。※3
  • スタータースイッチを押し続けずにワンプッシュするだけで、ECMがスターターモーターを回転させてエンジンが始動する「スズキイージースタートシステム」を採用。また、ニュートラル時はクラッチレバーを握らなくても始動可能とした。

※1 1(低)/ 2(中)/ 3(高)の3 段階(解除可能)
※2 トラクションコントロールは、あらゆる条件下で後輪のスリップ(スピン)を完全に制御したり転倒を防止したりするものではありません。
※3 路面状況(濡れた路面や悪路等)によっては、ABSを装着していない車両よりも制動距離が長くなる場合があります。また、コーナリング
中のブレーキングによる車輪の横滑りはコントロールすることができません。ABS を過信せずに安全運転を心がけてください。

メーカー希望小売価格(消費税10%込み)

GSX-S750 ABS 987,800 円

PCサイトスマートフォンサイト
閉じる