バイク関連の情報を発信しています 
 Archive | 10月

カワサキレーシングチームのジョナサン・レイ選手がスーパーバイク世界選手権で6連覇達成

株式会社カワサキモータースジャパン(本社:兵庫県明石市、代表取締役社長:寺西 猛)は、カワサキレーシングチームのジョナサン・レイ選手がスーパーバイク世界選手権で史上初の6連覇を達成したことをお知らせするとともに、これを記念し期間中、全国のカワサキプラザでNinja ZX-10Rシリーズをご成約のお客様に記念品をプレゼントする。

川崎重工のファクトリーレースチームである「カワサキレーシングチーム」からスーパーバイク世界選手権(以下、WSBK)にNinja ZX-10RRで参戦しているジョナサン・レイ選手が、10月17日 のエストリルサーキット(ポルトガル)における第1レースで史上初となるシリーズ6連覇を達成、自身の持つ連覇記録を更新した。
また、カワサキとしても、ジョナサン・レイ選手・アレックス・ロウズ選手(同レーシングチーム)また、シャビ・フォレス選手(カワサキ・プセッティレーシング)らの活躍により、マニュファクチャラーズタイトルを6連覇し、連続獲得記録を更新した。

ジョナサン・レイ選手 コメント

今は気持ちをうまく整理できていませんが、今シーズンは素晴らしい旅でした。大変な状況にも関わらずレースを開催してくれたオーガナイザーやサーキットに感謝しています。この場にファンや家族、友人がいないのは寂しいですが、彼らの支えで今シーズンを乗り切ることができました。昨年と同じくシーズン序盤で出遅れがありましたが、みんなの応援もあり、決して諦めませんでした。大変な旅でしたが、今私はとても幸せです。今シーズンの応援ありがとうございました、来シーズンも期待してください。

スーパーバイク世界選手権 優勝記念プレゼント

カワサキプラザネットワークでは、WSBKにおいてジョナサン・レイ選手が6連覇を達成したことを記念し、全国のカワサキプラザで期間中に「Ninja ZX-10Rシリーズ」をご成約いただいたお客様を対象に、「スーパーバイク世界選手権6連覇記念Tシャツ・非売品記念ステッカー」をプレゼントいたします。

概要

期間中、カワサキプラザで「Ninja ZX-10Rシリーズ」をご成約いただいたお客様に、「スーパーバイク世界選手権6連覇記念Tシャツ・非売品記念ステッカー」をプレゼントいたします。

対象者

2020年9月1日(火)~2020年12月31日(木)にカワサキプラザで対象モデルをご成約いただいたお客様

対象モデル

Ninja ZX-10RR/Ninja ZX-10R SE/Ninja ZX-10R KRT EDITION(2019、2020年モデル新車)

対象店舗

カワサキ プラザ

記念品

スーパーバイク世界選手権6連覇記念Tシャツ

スーパーバイク世界選手権6連覇記念Tシャツ

サイズ:フリー(Lサイズ相当)

スーパーバイク世界選手権6連覇記念ステッカー(非売品)

スーパーバイク世界選手権6連覇記念ステッカー(非売品)

サイズ:縦70.6 mm × 横68.5 mm

AMAスーパークロス選・モトクロス選手権 2021年の参戦体制を決定、Monster Energy Star Yamaha Racingから7名が参戦

Yamaha Motor Corporation, USA (YMUS)は、AMAスーパークロス選手権(450SX、250SXウエスト・イースト)および、AMAモトクロス選手権(450MX、250MX)参戦のため、「Monster Energy Star Yamaha Racing」と3年間のパートナーシップを結んだ。450 Teamのライダーは、アーロン・プレシンジャー選手と、2020年に250SXウエストと250MXでチャンピオンを獲得したディラン・フェランディス選手。250 Teamは、コルト・ニコルズ選手、ジャスティン・クーパー選手、ジャレット・フライ選手に加え、過去2回にわたり250MXのタイトルを獲得しているジェレミー・マーティン選手と、クリスチャン・クレイグ選手が新たに加入する。

長年のパートナーである「Monster Energy Star Yamaha Racing」は、AMAプロ選手権で11回のタイトルと、数々の国内アマチュアタイトルを獲得し成功を収めてきた。チームは来シーズンより最高峰となる450クラスでの活動を開始し、スーパークロスとモトクロスでステップアップを望むライダーに一貫したステップアップのプログラムを提供する。同時にYMUSはチームをフルサポートし、チャンピオンシップを勝ち取るという目標に向けともに努力を続けていく。

プレシンジャー選手はヤマハとともに450クラスで3シーズン目を迎えることとなる。「Monster Energy Star Yamaha Racing」が獲得したタイトルのうち二つは、このプレシンジャー選手が2018年に250SXウエストと250MXで獲得。ここ最近の2年間は、残念ながら負傷による欠場が続いたが、2021年はこれまでの経験をもとにさらなる飛躍を目指す。
来年450クラスへのデビューを果たすフェランディス選手は、2019年に250SXウエストを制し、250MXでランキング2位を獲得。2020年は250SXで3勝、250MXでは8回の優勝と3回の総合優勝を果たし、250SXウエストと250MXでチャンピオンを獲得している。なおチームマネージャーには、ジェレミー・コッカー氏が就任する。

250 Teamには、今年、フェランディス選手のライバルとしてランキング2位を獲得したマーティン選手がヤマハに復帰。250MXでは2014年と2015年に連覇を達成しており、今後は、このチームでキャリアを重ね再び王座を目指す。
カリフォルニア州出身のクレイグ選手は、これまで何度もタイトルに挑戦してきたライダー。250SXウエストに参戦した今シーズンは、序盤の負傷によりランキング15位となったが、2021年はチームとともにタイトルを目指す。
本チームで5シーズン目を迎えるニコルズ選手は、2019年のアナハイムⅠで、250SX初優勝を飾ると、数々の表彰台を獲得しランキング3位。今年は残念ながら負傷により大半のレースを欠場したものの、体調は完全な状態に近づいており、2021年は改めてチャンピオンを目指す。
2019年にチームに加わったクーパー選手は、すぐに頭角を現し、250SXイーストで6回のポディウムフィニッシュを果たしてランキング2位。250MXでは初の総合優勝を果たすなど、ランキング3位とした。クーパー選手の勢いは2020年も衰えることはなく、アナハイムⅠで250SX初優勝を遂げるなど、フェランディス選手に続き250SXウエストでランキング2位を獲得。250MXではシーズン後半に猛チャージ。第8戦では総合優勝を飾り、ランキング5位でシーズンを終えた。
フライ選手は、今シーズンの250MXの第6戦からプロクラスにステップアップし、シーズン最終戦では総合6位というベストリザルトを獲得。なお、250 Teamのチームマネージャーは、ウイル・ハーン氏が担当する。

Z400にニューカラーが登場

カワサキからZ400のニューカラー「キャンディライムグリーン×メタリックフラットスパークブラック」「メタリックフラットスパークブラック×メタリックスパークブラック」が登場!

【Z400】

本格的スーパーネイキッドマシンZ400。軽量な車体に、高出力なエンジンを組み合わせライダーの気持ちを昂ぶらせます。排気量398cm³エンジンは、スムーズな吹け上がりと低回転域の力強いトルクを発揮。ビギナーからベテランまで非常に扱いやすいエンジン特性を実現しています。また、優れた安定性と高い操作性を実現するシャーシが、より俊敏なハンドリング性能を獲得。スーパーネイキッドZの誇る五感を刺激する乗り味、「Sugomi」パフォーマンスに貢献しています。スタイリングは、先鋭的な車体形状の「Sugomi」デザインを継承。シャープなスタイリングと独特なシルエットがライダーを魅了します。

■主な変更点

カラー&グラフィックの変更

メーカー希望小売価格(税込)

Z400 682,000円

Z400の中古車

Z400の中古バイク

Z250にニューカラーが登場

カワサキからZ250のニューカラー「パールナイトシェードティール×メタリックフラットスパークブラック」「キャンディカーディナルレッド×メタリックフラットスパークブラック」が登場!

【Z250】

軽さと力強さを併せ持つ本格的スーパーネイキッドマシンZ250。高出力かつ操作性に優れた248cm³パラレルツインエンジンは、全回転域で良好なパワーフィーリングを発揮します。また、車体には軽量でスリムなシャーシを採用。優れた安定性と軽快で自然なハンドリング、扱い易い取り回し性能を獲得しています。加えて、Zシリーズ共通の「Sugomi」デザイン要素が、一目でカワサキのスーパーネイキッドとして認識できるシルエットを形成。アグレッシブかつ俊敏なイメージでライダーを魅了します。

■主な変更点

カラー&グラフィックの変更

メーカー希望小売価格(税込)

Z250 610,500円

Z250の中古車

Z250の中古バイク

HRCとレオン・ハスラム選手が契約更新に合意

株式会社ホンダ・レーシング(以下、HRC)は、FIM※1スーパーバイク世界選手権(SBK)に参戦している、レオン・ハスラム(Leon Haslam)選手(37歳 イギリス)との契約更新に合意し、2021年シーズンもワークスチーム※2「Team HRC(チーム・エイチアールシー)」より参戦することを発表しました。

レオン・ハスラム選手とCBR1000RR-RW FIREBLADE SP

レオン・ハスラム選手は、2019年末にTeam HRCに加わり、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を大きく受けたSBKの今シーズンにおいて、最大の結果を出すべく努力し、HondaのSBKプロジェクトに大きく貢献しました。
今回の契約更新で、ハスラム選手は引き続きHRCのワークスマシン「CBR1000RR-RW FIREBLADE SP」に乗り、チームメートのアルバロ・バウティスタ(Alvaro Bautista)選手とともに2021年SBKシーズンに挑みます。

レオン・ハスラム選手の走り

※1 FIMとは、Fédération Internationale de Motocyclisme(国際モーターサイクリズム連盟)の略称
※2 ワークスチームとは、マシンを製造しているメーカーが運営しているチーム。HondaではHRCが運営するチーム

レオン・ハスラム

「Team HRCと契約更新できたことは、歓喜の一言ではとても足りません。今年は、コロナ渦の影響もあり、限られたテストシーズンしかなかったことなど、大変なシーズンでしたが、SBKプロジェクト発足当時からポテンシャルを感じたため、2年目も引き続き、マシンの開発に貢献でき、チームとともに戦えることは、自分にとって非常に大切なことです。表彰台のトップを狙える自信があり、また目標でもあるので、HondaとTeam HRCとともに戦えることは素晴らしいことだと思います。2021シーズンの開幕が待ちきれません」

株式会社ホンダ・レーシング(HRC) 代表取締役社長 野村欣滋(のむら よししげ)

「レオン・ハスラム選手と、来年も引き続きTeam HRCで戦えることを大変うれしく思っています。ハスラム選手は、経験豊富でモチベーションも高く、2019年末にHondaチームの一員となって以来、SBKプロジェクトに専念。世界中が新型コロナウイルス感染症の影響を受け、さまざまな制約や挑戦を強いられる中、HRCのエンジニアとともにベース車であるCBR1000RR-R FIREBLADE SPのポテンシャルを100%引き出す努力をしてくれています。このライダー体制の決定は、SBKプロジェクトに継続性をもたらし、市販車をベースとした最高峰レースのSBKで、Team HRC は成長の道を歩み続けることができます。レースでの優勝はもちろん、タイトルを獲得できるチームだと自信を持っていますので、この目標達成に向けて引き続き努力いたします」

PCサイトスマートフォンサイト
閉じる