バイク関連の情報を発信しています 
 Tag Archive | YZF-R1

スーパーバイク世界選手権 GRT Yamaha、ヘレス・テストでWorldSBK2021シーズンをスタート

2020シーズン最終戦以来、初めて、FIM スーパーバイク世界選手権の面々がヘレス・サーキットに集結。GRT Yamaha WorldSBK Junior TeamのG・ガーロフが2021年に向け様々な新しい部品のテストを進め、2021シーズンから新たにチームに加入することとなった全日本選手権JSB1000のチャンピオン、野左根航汰がWorldSBK仕様のYZF-R1で初走行を行った。

バレンシア・サーキットでMotoGPのフリープラクティスを経験したばかりのガーロフが、テスト初日にトップタイムをマーク。野左根も1日の走行のなかで着実に前進した。2日目はふたりともラップタイムを大きく更新し、それぞれ実りのあるテストを終了した。2日間でガーロフが全138ラップ、野左根は全143ラップの周回を重ねた。

野左根航汰選手談:10位(1分40秒670/143周)

「自分にとっては、何もかもが初めての経験でした。マシン、タイヤ、サーキットなどすべてが新しく、最初はかなり不安だったのですが、2日間の走行のなかで少しずつペースを上げていくことができました。非常に充実した、効果の高いテストになりました。コロナウイルス感染症が拡大するなかで、このテストに参加できるかどうか、なかなか確定しませんでしたが、幸い参加できることになり、このように非常に貴重な経験をすることができました。GRT Yamahaのみなさんが温かく迎えてくれて、ガレージ内の雰囲気は最高です。彼らが全力で支えてくれるので、自分もベストを尽くし、良い結果や自分の成長で応えたいと思いました。チームメイトのギャレット・ガーロフ選手も優しく接してくれます。楽しい会話ができたことも、この2日間の貴重な経験のひとつです。来シーズンは集中して学び、最大限に進化し、目標達成を目指したいと思います。そのためにベストを尽くすとともに、英語の練習も頑張ります」

「YZF-R1 レースベース車」を受注生産で発売 〜サーキット走行専用モデル〜

ヤマハ発動機株式会社は、ロードレース競技およびサーキット走行専用モデル「YZF-R1 レースベース車」の2021年モデルを、本日より予約受付を開始し(予約期間限定)、2021年1月29日に発売。

「YZF-R1 レースベース車」(※画像は公道走行可能モデルのため現車とは異なります)

「YZF-R1 レースベース車」は、2020年モデルのスーパースポーツ「YZF-R1」をベースに、レースなどサーキット用途に配慮したモデルです。2021年モデルでは、APSG(アクセル開度センサーグリップ)を織り込んだYCC-T(電子制御スロットル)や、EBM(エンジンブレーキマネジメント)、BC(ブレーキコントロール)などの電子制御システムを採用。
 第1次 2020年9月4日〜9月30日、第2次 2020年10月1日〜11月30日の期間限定予約による受注生産で、予約窓口は全国の「ヤマハオンロードコンペティションモデル正規取扱店」で行う。

メーカー希望小売価格(税込)

YZF-R1 レースベース車 2,255,000円

※ヘッドランプ、ポジションランプ、ミラー、ホーン、タンデムシート、タンデムステップ、リアフェンダーカバー、グラフィック類の装備を省いた状態での出荷となります。
※購入特典:サーキット走行専用部品の「ワイヤーハーネスセット」と「ECU」(F.I.マッチングソフトウェア含む)は、本体とは別送となります。
※「YZF-R1レースベース車」は、国土交通省の認定を受けていないため、ナンバープレートを取得できません。また道路を走行できません。道路を走行すると道路交通法及び道路運送車両法の違反となります。私道、寺の境内、海辺、堤防上、農道、林道など道路の形態を整えていないところでも、人や車が自由に出入り出来るところは道路とみなされます。
※保証(クレーム)の対象外製品となります。

スーパースポーツ「YZF-R1M」「YZF-R1」を発売 〜サーキットを征する走行性能を追求したフラッグシップモデル〜

「YZF-R1」 ブルー

ヤマハ発動機株式会社は、クロスプレーン型クランクシャフト採用の水冷・4ストローク・DOHC・直列4気筒・4バルブ・997cm3エンジンを搭載したスーパースポーツ「YZF-R1M」および「YZF-R1」を8月20日に発売※します。
「YZF-R1」は、1998年の販売開始からスーパースポーツ市場を牽引してきた当社モーターサイクルのフラッグシップモデルで、当社の技術の粋を投入しサーキットを征する性能を照準に開発しました。
主な特長は、1)サーキット性能に磨きを掛けたクロスプレーンエンジン、2)APSG(アクセル開度センサーグリップ)を織り込んだYCC-T(電子制御スロットル)、3)伝わりやすい“接地感”を主眼にセッティングした前後サスペンション、4)EBM(エンジンブレーキマネジメント)とBC(ブレーキコントロール)を加え、全てを見直した電子制御システム、5)エアロダイナミクス特性を高めた新設計のカウリング、6)次世代“R”デザインを主張するLEDデュアルヘッドランプ&新作ポジションランプなどです。
上級モデルの「YZF-R1M」は、オーリンズ社製電子制御サスペンションやアルミにバフがけを施したタンクやリアアームに加え、新たにカーボン素材の軽量カウルを採用しています。
※ 本モデルは、2020年より順次リニューアルを進めているYSPおよびアドバンスディーラーのみで販売する「ヤマハモーターサイクル エクスクルーシブモデル」です。2020年5月28日から9月30日までの期間限定で予約の受付を行います。ご予約・ご購入につきましては当社Webサイト掲載の取扱店までお問合せください。
※ YZF-R1Mに関しては、生産計画を上回る場合は期間を待たずに予約受付を終了する場合がございます。

国内二輪車市場1~3月は堅調  注目のスポーツバイク・2020年モデル

今年序盤(1-3月)の自動二輪車の国内販売は、前年同期比101.1%で堅調を維持。これから需要が上昇する季節になり、二輪車市場にどんな製品がラインアップされているかが気になる。2020年の超目玉モデルは、カワサキ「Ninja 1000SX」、スズキ「ジクサーSF250」、ホンダ「CBR1000RR-R FIREBLADE」、ヤマハ「YZF-R1」、購買意欲をくすぐる魅力に溢れている。

フルカウルモデルにみる多様な魅力

2020年序盤(1-3月)の国内二輪車市場の実績を見てみると、自動二輪車(原付二種・軽二輪・小型二輪)の販売台数は前年同期比101.1%で、堅調を維持している。とくに軽二輪(125㏄超~250㏄)は、前年同期比115.1%と、出足は好調だ。

自動二輪車の販売台数推移(各年1-3 月)

これから夏にかけて、ニューモデルや人気モデルへの購買意欲がどんどん高まる時期。いまどんなバイクが市場にラインアップされ、注目すべきモデルの特徴はどのようなものか、購入のきっかけとなったり、比較検討につながる情報の拡散が求められている。
 そこで今回は、カワサキ、スズキ、ホンダ、ヤマハ、それぞれの新機種にスポットを当て、各社広報担当者がイチオシする“2020年・超目玉バイク”を紹介する。図らずも、各担当者が取り上げた1台は、いずれもフルカウルタイプ*注のスポーツモデル。スタイリング、走りの性能、どう楽しめるバイクか、そして価格。同じフルカウルタイプでもそれぞれに魅力は異なり、スポーツバイクの多様性が見えてくる。
*注:車体が全体的にカウルで覆われた種類のバイク。カウルは走行時の風を整流するためにエンジンや車体を覆う部品。

Kawasaki(カワサキ)

買い得かつ満足のいく“スポーツツアラー”――Ninja 1000SX

Ninja 1000SX

「Ninja 1000SX」は、スーパースポーツのスタイリングをもちながら、ロングツーリングを快適に楽しむための乗車ポジション、機能・装備が絶妙なバランスで満たされている。オールラウンドな“スポーツツアラー”として、今年4月4日に新発売。幅広いシーンで走りの魅力を発揮する1台だ。

カワサキでグローバルマーケティング課に所属している赤地佑介さんは、「このバイクは、ワインディングを気軽にソロで楽しむもよし、パニアケースを装着してタンデムでの旅を楽しむもよし、1,000㏄クラスのパワーと軽快感がさまざまなライディングシーンにフィットします。メガツアラーを重いと感じるようになった中高年ライダーや、仲間と走ったりキャンプも楽しみたいという若者にも、大いに満足してもらえると思います」と話す。
初代モデルの「Ninja 1000」は、2011年に発売されて大ヒット。今回のモデルチェンジで4代目となり、名称には“スポーツツアラー”を意味するSXが付いた。従来の両側4本出しマフラーから片側1本出しマフラーに変更され、灯火類をすべてLED化するなど、スポーティなイメージをさらにアップさせている。
またNinja 1000SXには、快適な走行をサポートする先進機能が充実。まず、ETC2.0車載器、グリップヒーター、DC電源ソケットは標準装備。トラクションコントロールをはじめ、クラッチ操作なしでシフトチェンジできるクイックシフター、一定のスピードで走行できるクルーズコントロールなど数々の先進機能を搭載している。Bluetoothでスマートフォンと車両を接続すれば、ツーリングの行程や走行内容の記録もできるという。赤地さんは、「バイクに搭載される電子制御技術はどんどん進化しています。Ninja 1000SXにはそうした機能や装置が盛りだくさんに採用されていて、車両価格に照らしてみると、とてもお買い得感があるはずです」と、その魅力に自信を見せている。

カワサキの製品ラインアップ一覧(2020 年4 月20 日現在)

Suzuki(スズキ)

若者の心をつかむエントリーモデル――ジクサーSF250

ジクサーSF250

スズキは、今年3月27日から「スズキWEBモーターサイクルショー」を公開している。現実の会場に置かれたかのように同社のニューモデルや人気モデルが“展示”され、気になるバイクの画像をクリックすれば、詳しい情報や関連動画を見ることができる。
 その正面ステージに置かれているのが、4月24日に新発売された「ジクサーSF250」だ。このバイクは、スズキ独自の新開発の油冷式エンジンを搭載した250㏄クラスのフルカウルスポーツで、国内では2019年の東京モーターショーで初公開されて話題を呼び、発売が待たれていたもの。

スズキの国内二輪広報を担当する木下博之さんは、「ジクサーSF250は、精悍な顔つきと、フロントカウルにボリュームを持たせたグラマラスなスタイリングデザインに高い評価をいただいています。また軽量で扱いやすい車体に、新開発油冷エンジンを搭載しています。走りは軽快で、低回転から力強く、高回転まで伸びのある加速感が気持ちよく楽しめるバイクです」と話す。
近年、250㏄クラスのスポーツバイクは、60万円以上の価格が多くなっている。そのなかでこのジクサーSF250は、メーカー希望小売価格が48万1,800円(税込)という思い切った“お手頃価格”。免許を取得したばかりの若者でも、積極的に購入を検討できる金額になっている。
木下さんは、「ジクサーSF250の開発コンセプトは、コストを抑えて、若者が乗りたくなるような、カッコいい250㏄クラスのスポーツバイクを作ろうというものでした。この価格には、バイクに乗る人をもっと増やしたいという、スズキの思いが込められています」と話す。なお、ネイキッドタイプの「ジクサー250」も同時に発表されており、6月17日に国内新発売の予定となっている。

スズキの製品ラインアップ一覧(2020 年4 月20 日現在)

Honda(ホンダ)

スーパースポーツはさらなる高みへ――CBR1000RR-R FIREBLADE

CBR1000RR-R FIREBLADE

ホンダのスポーツバイクの最高峰として位置づけられるのが「CBR1000RR-R FIREBLADE」。スーパースポーツの極みといえるこのバイクが、今年3月20日に発表された。

開発コンセプトは「Total Control for the Track~サーキットで本領を発揮するマシン~」だ。MotoGPで培った技術を注ぎ、高出力かつコントロール性に優れた出力特性のパワーユニットと、操縦性を追求した車体パッケージングの組み合わせに、スポーツライディングをサポートする先進の電子制御技術や、エアマネジメントを追求したカウリングとウイングレットを採用するなど、MotoGPで培った技術も注ぎフルモデルチェンジを図ったCBRシリーズの最上位モデルだ。
 ホンダモーターサイクルジャパンの広報担当・森口雄司さんは、「ホンダのCBRシリーズは、1992年発売の初代『CBR900RR』から“Total Control~操る喜びの最大化~”を追求してきました。その基本は、公道での走りをより楽しめるスポーツバイクという考えでしたが、今度のCBR1000RR-R FIREBLADEでは、“操る喜び”を最大限に感じられるフィールドをサーキットへ移したのです。名称にもRが1つ増えて“アールアールアール”となり、欧米で親しまれてきた愛称である“FIREBLADE”も加わりました」とのこと。(削除)あくなきスポーツ性能を求めるホンダの意気込みが伝わってくる。
 デザインも非常に端正で、洗練されている。ホンダのレーシングマインドを象徴する赤、白、青をあしらったトリコロールカラーは、鮮やかでありながら落ち着いた凄みを感じる。大きな反響を得ており、発売からの出足は絶好調とのこと。電子制御サスペンションを採用するなど特別仕様の「CBR1000RR-R FIREBLADE SP」も同時発売中。
 なおホンダは、3月27日からウェブサイトで「Honda バーチャル モーターサイクルショー」を公開している。

ホンダの製品ラインアップ一覧(2020 年4 月20 日現在)

Yamaha(ヤマハ)

磨きをかけたフラッグシップ・待望の国内発売!――YZF-R1

YZF-R1

「YZF-R1」は、世界中のライダーから絶大な人気を得ているスーパースポーツであり、ヤマハのフラッグシップだ。昨年、東京モーターショーに2020年モデルが出展され、待望の国内発売に向けていよいよカウントダウンが始まっている。

YZF-R1は、「Full control evolution of track master」をコンセプトに、みなぎる力を高次元で制御し、サーキットを制する性能を照準に開発されている。2020年モデルは、排出ガス規制のEU5に適合しながらも、出力性能を維持。低回転域でのわくわくするような鼓動感と、高回転域での突き抜けるパワー、ライダーの感性と加速感をリニアにリンクさせるクロスプレーンエンジンが最大の特徴だ。その魅力が今回さらに熟成され、ヤマハが掲げる“人機官能”の喜びが、サーキットで存分に味わえる。
ヤマハ発動機販売でマーケティングを担当している井田龍太さんは、「数年前のモデルと比べると、もはや異次元の乗り物です。IMU(慣性計測装置)と連動した各種の電子制御が進化して、トラクションコントロール、スライドコントロール、ローンチコントロール、リフトコントロールといったさまざまな機能がバイクの挙動を制御します。しかもライダーが違和感を感じないように制御が介入するため、自然な操縦フィーリングが楽しめるのです。2020年モデルでは、さらにエンジンブレーキマネジメントとブレーキコントロールの2つの新機能が加わり、これまで以上にマシンの性能を引き出すことができると思います」と話す。いまや、スポーツバイクの最上位モデルは、サーキット走行でしか、その真価を味わうことはできない。より高いスポーツ性能を追求するライダーにとって、YZF-R1は2020年、垂涎の1台だ。
現時点(4月20日)ではYZF-R1の発売日、価格などは未発表。なお、特別仕様の上位モデル「YZF-R1M」も国内発売が予定されている。

ヤマハの製品ラインアップ一覧(2020 年4 月20 日現在)
PCサイトスマートフォンサイト
閉じる