バイク関連の情報を発信しています 
 Archive | スズキ-新車バイク情報

スズキ、スポーツツアラー 新型「GSX-S1000GT」を発表

スズキ株式会社は、フルカウルストリートバイク「GSX-S1000F」を全面改良した、全く新しいコンセプトのスポーツツアラー、新型「GSX-S1000GT」を発表した。10月より世界各国で順次販売を開始する。

新型「GSX-S1000GT」

新型「GSX-S1000GT」は、スーパースポーツバイクのDNAを受け継ぎ、ツーリング性能を高めたスポーツツアラーである。電子制御システムS.I.R.S.や、スズキ初となるスマートフォン連携機能付の大画面フルカラーTFT液晶メーター等を採用し、日常での扱いやすさと長距離のツーリングにおける快適性や高速安定性を追求した。スタイリングは、ツアラーらしい堂々とした佇まいのなかにも、軽快なスポーツ性能を感じられる、シャープでのびやかなラインを使ったデザインとした。

全回転数域で余裕のあるパワフルな水冷直列4気筒999cm3エンジンは、低速域からでも使いやすいスムーズなトルク特性としながらも、高揚感のある加速性能を実現。軽量で剛性感のあるフレームに搭載することで、日常での扱いやすさとワインディングや高速道路などでの操縦安定性を両立させた。また、排ガス規制「ユーロ5」に対応(欧州仕様車)しながら、最高出力の向上を実現した。
長距離ツーリングにおける疲労低減のため、浮動式ハンドルやラバー付きフットレスト、専用グラブバーを採用し、ライダーとタンデムライダーに伝わるバイクからの振動を軽減した。加えて、ハンドルバーの幅を広げ、ハンドル位置をライダー側に近づけることで、よりツーリングに適したアップライトなライディングポジションを実現した。また、空力性能を追求したスクリーンや専用設計のシートを採用し、ライダーの快適性を向上させた。
さらに、新型「GSX-S1000GT」専用開発品を含む豊富な純正用品を用意し、快適性、利便性の向上、バイクのカスタマイズを可能とした。

新型「GSX-S1000GT」の主な装備、特徴

電子制御システムS.I.R.S.(スズキ・インテリジェント・ライド・システム)

  • 出力特性を3つのモードから選択できるSDMS(スズキドライブモードセレクター)や、選択幅を広げ制御量を5段階から選択可能となったトラクションコントロールシステム、クラッチレバーを操作しなくてもシフトアップ/ダウンできる双方向クイックシフトシステムなどを搭載した。
  • スロットルの操作不要で設定速度を維持するクルーズコントロールシステムを新しく採用し、高速道路等での快適性を向上させた。

メーター

  • 6.5インチ大画面フルカラーTFT液晶メーターをスズキ初採用。ディスプレイをデイモード (白)とナイトモード (黒)に切り替えることで、時間や走行状況に関係なく、可視性を最大限に高めることができる機能を搭載した。
  • 専用アプリ「SUZUKI mySPIN」をインストールしたスマートフォンと接続し、地図の表示や音楽の再生※1、電話の発着信※1などを可能とした。スマートフォンは、iOS※2、AndroidTM※3ともに対応。

デザイン

  • シャープでのびやかなラインによって軽快なスポーツ性能と空力性能を大胆なボディラインで表現。同時に、電子制御、スマートフォン接続など、新型「GSX-S1000GT」が持つ知性を視覚的に表現する洗練さを取り入れたデザインとした。
  • タンデムライダーへ伝わる振動を軽減するタンデムシートの形状やクッション厚、グラブバーやタンデムステップを採用するなど、タンデムライダーへの快適性にもこだわってデザインした。

用品

  • 新型「GSX-S1000GT」専用開発品を含む豊富な純正用品を用意した。
  • 高い防風性能をさらに高めるツーリングスクリーン、フルフェイスヘルメットが入る※4大容量サイドケースセット、グリップヒーターなど、ツーリング中の快適性、利便性を向上させる用品を用意した。
  • 自分の好みに合わせてバイクをカスタマイズすることができる、スタイリッシュシート、カーボン調カバー、デカールなどの外観用品を用意した。
  • ※1 音楽の再生や電話の発着信には別途ワイヤレスヘッドセットが必要です。
  • ※2 iOSは、Apple Inc.のOS名称です。 IOS は、Ciscoまたはその関連会社の米国およびその他の国における商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。
  • ※3 Androidは米国 Google LLCの商標です。
  • ※4 サイズ、形状によっては入らないものもあります。

14インチ大径ホイールのスクーター「アドレス110」にスペシャルエディションとして特別色を設定して発売

スズキ株式会社は、街中での使い勝手の良さを追求した軽量な車体に、優れた燃費性能と走行性能を
両立したSEPエンジンを搭載した、110cc 原付二種スクーター「アドレス110」にスペシャルエディションと
して「特別色」を設定して8 月6 日より発売する。

アドレス110
キャンディマックスオレンジ
アドレス110
マットセレネゴールドメタリック

「アドレス110」は、軽量な装備重量100kg による取り回しの良さや、48.9km/L※1の燃費性能と低中速域
での優れた加速性能を特長とし、大容量のシート下トランクスペース、 フロントインナーラック、シート開錠
機能付ステアリングロックを採用するなど、日常の使い勝手の良さを考慮した。また、シャープで引き締まっ
た躍動感のあるデザインを採用し、細部まで作り込むことでグローバルに通じる魅力的な外観とした。

主な変更点

・ スペシャルエディションの設定 (特別色2色)
ハンドルカバー左側にスペシャルエディションとして「ブラック×クロム」のエンブレムを採用。
・ 車体色:全6色
■特別色
橙 「キャンディマックスオレンジ」(YME)
マット金 「マットセレネゴールドメタリック」(YUR)

■既存色
銀 「ソラリスシルバー」(PBK)
マット青 「マットステラブルーメタリック」 (YUA)
白 「ブリリアントホワイト」(YUH)
黒 「タイタンブラック」(YVU)

メーカー希望小売価格(消費税10%込み)

アドレス110 225,500円

アドレス110の中古車を探す

アドレス110の中古バイク

スズキを代表するスーパースポーツバイク「GSX-R1000R ABS」のカラーリングを変更して発売

スズキ株式会社は、スズキを代表するスーパースポーツバイク「GSX‐R1000R ABS」のカラーリング
を変更して7月30 日より発売する。

GSX-R1000R ABS
トリトンブルーメタリック/ミスティックシルバーメタリック

「GSX‐R1000R ABS」は、「No.1スポーツバイク」をコンセプトに、GSX‐Rシリーズの特長である、エンジンと車体が調和した「走る・曲がる・止まる」の基本設計を徹底的に見直し、MotoGPで培った技術
を採用することでさらに進化させ、高次元でバランスさせた。GSX‐R史上最もパワフルで、最も環境性能に優れたモデルである。

GSX-R1000R ABS
マットブラックメタリックNo.2/グラスマットメカニカルグレー
GSX-R1000R ABS
マットブラックメタリックNo.2

主な変更点

カラーリング変更: 車体色3色
青銀 「トリトンブルーメタリック/ミスティックシルバーメタリック 」(GUL)
黒灰 「マットブラックメタリックNo.2/グラスマットメカニカルグレー」(CB8)
黒 「マットブラックメタリックNo.2」(4TX)
※諸元・価格に変更なし

メーカー希望小売価格(消費税10%込み)

GSX-R1000R 2,156,000円

GSX-R1000Rの中古車を探す

GSX-R1000Rの中古バイク

スズキ、ストリートバイクの大型二輪車
新型「GSX-S1000」を国内で発売

スズキ株式会社は、大型二輪車新型「GSX-S1000」を8月4日より国内で発売する。
「GSX-S1000」は2015年に初代モデルを発売して以来、スーパースポーツバイク「GSX-R1000」のエンジンと車体をストリート向けにチューニングした、高揚感のある加速と軽快な走りを楽しめるモデルとしてご好評いただいているストリートバイク。

新型「GSX-S1000」

2代目となる新型「GSX-S1000」は、扱いやすさとスポーツ性能の高さを継承しつつ、アグレッシブかつ前衛的なデザインを採用した。また、エンジンの出力向上を図るとともに、電子制御システムS.I.R.S.(スズキ・インテリジェント・ライド・システム)を新たに搭載することで、より扱いやすさとスポーティーなライディングを両立できるストリートバイクとして進化させ、2021年6月より欧州を中心に販売を開始している。
国内で発売する新型「GSX-S1000」は、欧州同等の仕様、装備とし、スポーティーなライディングから普段使いまで、ストリートバイクにおけるライダーの走る楽しさを追求した。

メーカー希望小売価格(消費税10%込み)

GSX-S1000 1,430,000円

GSX-S1000の中古車を探す

GSX-S1000の中古バイク

エレガントなスタイリングと優れた動力性能を兼ね備えた400cc ラグジュアリースクーター「バーグマン400 ABS」をマイナーチェンジして発売

スズキ株式会社は、エレガントなスタイリングと快適性、充実した収納、動力性能を兼ね備えた400cc
のラグジュアリースクーター「バーグマン400 ABS」をマイナーチェンジして、7月6日より発売する。

バーグマン400 ABS

「バーグマン400 ABS」は、国内初の400cc スクーターとして1998年に発売して以来、高い走行性能や快適な乗り心地、洗練されたスタイリングで好評を得ていた「スカイウェイブ400」の全面改良モデル。
2017年に車名を「バーグマン400 ABS」に変更。洗練されたスタイリングと快適性を維持しながら、スリム、スポーティーで軽快な印象のデザインとし、リンク式モノショックリヤサスペンションを採用、ヘッドランプとリヤコンビネーションランプにLED を採用した。

今回、新たにトラクションコントロールを装備し、エンジン出力を効率よく路面に伝えることが可能になった。また、エンジンにスズキデュアルスパークテクノロジー※を採用し、燃焼効率の向上を実現。新しい触媒システムを採用することで、平成32年(令和2年)国内排出ガス規制に対応した。

※ 1気筒あたり2本のスパークプラグを持ち、高い燃焼効率を実現。スムーズな出力特性と高い燃焼性能、排出ガス低減に貢献している。

主な変更点

・トラクションコントロール装備
・スズキデュアルスパークテクノロジーの採用
・イージースタートシステム装備
・平成32年(令和2年)国内排出ガス規制に対応
・車体色:3 色 マット銀「マットソードシルバーメタリック(QKA)/黒「マットブラックメタリックNo.2」 (YKV)/灰「ソリッドアイアングレー」 (YUD)

「バーグマン400 ABS」の主な特長

デザイン

「バーグマン クーペ」をコンセプトにデザインされた、スポーティーなクーペのようなスタイリング。
機敏な走りをイメージし、スリム、スポーティーで軽快な印象のフロントとリヤのボディデザインとした。
1)LED を採用したバーグマンシリーズ共通イメージの左右二灯ヘッドランプ
2)エレガントさと軽快な印象を与えるシャープでスリムなLED リヤコンビネーションランプ
3)流麗なフォルムを引き立てる上向きにデザインされたマフラー

装備

厚みに定評のあるクッションを採用し、快適性をサポート。ヘルメットなどの用品を収納できる
42L のシート下トランクスペースと、グローブなどの小物の収納に便利なハンドル下左右のスペース。
右側には12V のアクセサリーソケットを装備。

エンジン・車体

・デュアルスパークテクノロジーを新たに採用した399cm3DOHC エンジンにより、燃費性能を向上
しながら、二人乗り時でも余裕のある走行フィーリングを実現。
・スタータースイッチを押し続けずにワンプッシュするだけでエンジンが始動するイージースタート
システムを新たに採用。
・リンク式モノショックリヤサスペンションを採用。快適性とスポーツ性能を最大限に両立し、ひときわ
優れた操縦性を発揮。
・スリムな車体や外装は、操縦性が良く、特に狭い道などでの走行時に貢献。
・シートとハンドルの位置は、快適でスポーティーなライディングポジションを実現。
・スリムなシートと左右の足元付近を絞り込んだカットフロアボードによる良好な足つき性。
・15インチフロントホイールによる高い操縦安定性。

電子制御

新たにリヤタイヤのホイールスピンを検出した際、速やかにエンジン出力を低減するトラクション
コントロールシステムを搭載。エンジン出力を効率よく路面に伝えることが可能になり、より快適な
ライディングを楽しむことができる。

メーカー希望小売価格(消費税10%込み)

バーグマン400ABS 847,000円

バーグマン400の中古車を探す

バーグマン400の中古バイク

PCサイトスマートフォンサイト
閉じる