MotoGPシリーズ後半戦スタート 日本人ライダーの活躍に注目! 
 バイク検索「ゲットバイク」

MotoGPシリーズ後半戦スタート 日本人ライダーの活躍に注目!

ロードレース世界選手権(MotoGP)は、9月20日に第8戦「エミリア=ロマーニャGP」(イタリア)を終え、11月の最終戦に向けてシリーズの後半戦がスタートする。

なんといっても注目したいのが、Moto3クラスの小椋 藍選手(埼玉県・ホンダ)の活躍だ。第8戦の時点で首位に2ポイント差の2位につけており、トップ争いが熾烈なものになっている。前半戦は優勝こそものにしていないが、小椋選手は8戦中、表彰台に6回上り、後半戦は初優勝を含むいっそうの活躍が期待される。また、鈴木竜生選手(千葉県・ホンダ)は第3戦でポールポジションから優勝する快挙を見せ、第8戦終了時点で5位と健闘している。
Moto2クラスでは、長島哲太選手(神奈川県・カレックス)が、第1戦で見事に優勝し、第2戦でも2位に入り、ポテンシャルの高さを見せている。しかし3戦以降、リタイアが2回あり、第8戦終了時点で総合6位となっている。再び表彰台が期待される。

MotoGP(第 9 戦~最終戦)開催カレンダー

そして今シーズンのMotoGPクラスは、第2戦以降から開催されており、第8戦まで7レースが行われた。昨年まで4年連続チャンピオンのマルク・マルケス選手(スペイン・ホンダ)が怪我で欠場しており、前半戦のランキング争いはドゥカティ、ヤマハ、スズキのライダーが上位を僅差で占め、混とんとしている。そうしたなか、同クラス唯一の日本人ライダーである中上貴晶(千葉県・ホンダ)が安定してポイントを獲得しており第8戦時点で総合7位となっている。さらに後半戦の追い上げが期待される。

●問い合わせ先

MotoGP(公式Webサイト)
URLwww.motogp.com/

PCサイトスマートフォンサイト
閉じる