中古バイク情報、バイク関連の情報を発信 
 Tag Archive | yamaha

スーパースポーツ「YZF-R25 ABS」2022年モデル発売 ~「YZR500」をモチーフにしたWGP 60th Anniversaryも設定~

ヤマハ発動機株式会社は、スーパースポーツ「YZF-R25 ABS」をマイナーチェンジし、5月25日に発売します。また、ロードレース世界選手権参戦60周年記念カラーを施した「YZF-R25 ABS WGP 60th Anniversary」を240台限定で7月12日に発売する。

YZF-R25 ABS(オレンジ)

2022年モデルは、エンジン性能を維持しながら、平成32年排出ガス規制に適合させ、さらにLEDフラッシャーランプを前後に採用した。加えて、機敏で滑らかなシフトアップ操作を支援するクイックシフターを「YZF-R25」として初めてアクセサリー設定した。
また、カラーリングとグラフィックも変更し、高いパフォーマンスを感じさせる“ブルー”、ダークトーンでモダンな“ブラック”、スポーティーかつカジュアルな“オレンジ”の3色を設定。
「YZF-R25 ABS WGP 60th Anniversary」は、1980年のYZR500をモチーフとしたヤマハレーシング伝統のカラーリングのほか、WGP参戦60周年記念エンブレム、ゴールドカラーのホイール、ブラック仕上げのブレーキレバー・クラッチレバー、イエローのリアサスペンションスプリングを採用している。

「YZF-R25 ABS」は、「毎日乗れるスーパーバイク」をコンセプトに、高次元な走行性能とスタイリング、さらに日常での扱いやすさも兼ね備えたモデルで、10代・20代を中心とする若年層のライダーから支持されているモデル。なお、製造は当社グループ会社PT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturingが行う。

メーカー希望小売価格(税込)

YZF-R25 ABS 668,800円
YZF-R25 ABS WGP 60th Anniversary 690,800円

YZF-R25の中古車を探す

YZF-R25の中古バイク

参照元サイト

YAMAHA発動機株式会社

ロードスポーツ「MT-25 ABS」2022年モデルを発売 ~エンジン性能を維持しながら平成32年排出ガス規制に適合~

ヤマハ発動機株式会社は、ロードスポーツ「MT-25 ABS」をマイナーチェンジし、5月25日に発売する。

MT-25 ABS(ブルー)

2022年モデルは、エンジン性能を維持しながら、平成32年排出ガス規制に適合。加えて、機敏で滑らかなシフトアップ操作を支援するクイックシフターを「MT-25」として初めてアクセサリー設定した。
また、カラーリングとグラフィックも変更。“グレー”はホイールにシアンを採用し、新たなトレンドを提案。次世代のMTシリーズを象徴するカラーとなっている。“ブルー”は、Yamaha社のフラッグシップモデル「YZF-R1」とのリレーションを図り、高いパフォーマンスを感じさせるカラーとなっている。“マットダークグレー”は、ダークトーンのローコントラストでシリアスなイメージを表現している。

MT-25 ABS(グレー)

「MT-25 ABS」は、シャープで躍動感あるスタイリングと軽快な走りを兼ね備え、“MTシリーズ”のエントリーモデルとして、若年層を中心に高い人気を得ているモデル。なお、製造は当社グループ会社PT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturingが行う。

メーカー希望小売価格(税込)

MT-25 ABS 632,500円

MT-25 ABSの中古車を探す

MT-25 ABSの中古バイク

参照元サイト

YAMAHA発動機株式会社

「YZF-R3 ABS WGP 60th Anniversary」を発売 ~1980年のレースマシン「YZR500」がモチーフの数量限定モデル~

ヤマハ発動機株式会社は、ロードレース世界選手権参戦60周年記念カラーを施した「YZF-R3 ABS WGP 60th Anniversary」を240台限定で6月15日に発売する。

YZF-R3 ABS WGP 60th Anniversary

1980年のYZR500をモチーフとしたヤマハレーシング伝統のカラーリングのほか、WGP参戦60周年記念エンブレム、ゴールドカラーのホイール、ブラック仕上げのブレーキレバー・クラッチレバー、イエローのリアサスペンションスプリングを採用している。

「YZF-R3 ABS」は、「毎日乗れるスーパーバイク」をコンセプトに、高次元な走行性能とスタイリング、さらに日常での扱いやすさも兼ね備え、10代・20代を中心とする若年層のお客様から支持されているモデル。なお、製造は当社グループ会社PT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturingが行う。

メーカー希望小売価格(税込)

YZF-R3 ABS WGP 60th Anniversary 723,800円

YZF-R3の中古車を探す

YZF-R3の中古バイク

参照元サイト

YAMAHA発動機株式会社

第38回 大阪モーターサイクルショー2022【ヤマハブース】レポート

「GO with YOU」をブーステーマに、国内新発売のYZF-R7や昨年EICMAで発表となったMT-10、TMAX、XSR900といった大型モデル、MotoGPで2021年チャンピオンを獲得したファビオ・クアルタラロ選手のYZR-M1、JSB1000で史上初となるシーズン全勝でチャンピオンを獲得した須賀克行選手のYZF-R1を展示されていた。

展示モデル

TMAX TECH MAX(市販予定車)

ATながらスポーツ走行が楽しめることで有名なTMAXがモデルチェンジ!
見た目の外観はもちろん、LEDヘッドライトやスマホコネクトも可能となっており、フルマップタイプのナビ機能を搭載した7インチカラーTFTメーターを搭載している。

XSR900(市販予定車)

2022年発売予定のフルモデルチェンジを果たしたXSR900。
MT-09をベースとし、高級感のあるディティール、扱いやすいライディングポジションなど、より大人なバイクへと進化を遂げている。

YZR-M1(ファビオ・クアルタラロ選手モデル)

YZF-R1須賀克行選手モデル)

YZF-R7

YZF-R25

TRACER9 GT

XSR700

TRICITY300

シグナス グリファス

その他ギャラリー

【ヤマハ】ロードスポーツ「MT-10」「MT-10 SP」をモデルチェンジ ~頂点にふさわしい性能とスタイリングを極めたMTシリーズのフラッグシップ~

MT-10(パステルダークグレー)

ヤマハ発動機株式会社は、MTシリーズのフラッグシップモデル「MT-10」および上級モデルの「MT-10 SP」をモデルチェンジし、2022年2月に欧州で発売する。また、11月25日からイタリア・ミラノで開催される「EICMA(国際モーターサイクルエキシビション)」に出展予定。なお、日本での発売は2022年秋以降を予定している。

2022年モデルの「MT-10」は、“MT-king’s Dignity”をコンセプトに開発。
主な特徴は、以下の通り。

1)吸排気系を見直し、EU5適合化と出力アップを図ったエンジン
2)操る悦びを体感できるサウンドデザイン
3)トラクションコントロールやスライドコントロールシステムなど、IMU(Inertial Measurement Unit)搭載による高精度な各種電子制御
4)設定した速度に最高速度を制限できる当社初採用のYVSL(Yamaha variable speed limiter)
5)滑らかなシフトアップ&ダウンが可能なクイックシフター
6)次世代のMTシリーズ最高峰モデルに相応しい風格とシリアスなスタイリングを追求したデザイン

「MT-10」は、“意のままに操れるストリート最強のスポーツ性能”と“多用途で楽しめる機能”を集約させたモデル。「MT-10 SP」は、アップデートしたオーリンズ製電子制御サスペンション、アンダーカバーなどを装備した上級モデルとなっている。

※「MT-10 SP」は、2022年中頃に欧州での発売を予定。

参照元サイト

YAMAHA発動機株式会社

PCサイトスマートフォンサイト
閉じる