バイク関連の情報を発信しています 
 Tag Archive | SUZUKI

軽快なハンドリングとツーリングでの高い快適性を備えたスポーツアドベンチャーツアラーV-STROM(ブイストローム)1050シリーズのカラーリングを変更して発売

スズキ株式会社は、大型二輪車の「V-STROM(ブイストローム)1050」、「V-STROM 1050XT」のカラーリングを変更して3月16日より発売する。

「V-STROM 1050」、「V-STROM 1050XT」は、「The Master of Adventure(冒険の達人)」を開発コンセプトに、「どこまでも走りたい」「山岳路でも自由にマシンを扱いたい」というライダーの願いを念頭に置き、長距離ツーリングでより快適に走行を楽しむことができるよう、エンジン性能を向上し、電子制御システムや装備の充実を図ったスポーツアドベンチャーツアラーである。

V ストローム1050 色:グラススパークルブラック/キャンディダーリングレッド
V ストローム1050 色:グラススパークルブラック
ストローム1050XT 色:チャンピオンイエローNo.2/グラススパークルブラック

1,036cm3 V型2気筒エンジンは、電子制御スロットルの採用や吸排気タイミングの調整により、前モデルより出力を5kW向上しながら、令和2年排出ガス規制に対応した。また、出力特性を3つの中から選択可能なSDMS(スズキドライブモードセレクター)や3段階から選択可能なトラクションコントロールなど、様々な走行シーンに対応する電子制御システムS.I.R.S(スズキインテリジェントライドシステム)を搭載し、長距離ツーリングに求められる使い勝手や利便性を向上させた。
スタイリングには、1988年に発売したスズキ初のアドベンチャーバイク「DR750S」をモチーフにしたデザインを、
より現代風にアレンジすることで、スポーツアドベンチャーツアラーらしい力強いイメージを強調した。また、高さの調整が可能なウインドスクリーンに加え、頑強なスタイルを演出するアルミ製のテーパー形状のハンドルバーを標準装備した。
さらに、「V-STROM 1050XT」には、クルーズコントロールやヒルホールドコントロールのほか、荷重や下り坂に応じてブレーキを制御するロードディペンデントコントロールやスロープディペンデントコントロールなども搭載した。
また、ワイヤースポークホイールやナックルカバーに加え、アルミ製アンダーカウリング、アクセサリーバー、センタースタンド、シート高調整機能、LED 式ターンシグナル、12V アクセサリーソケットを標準装備した。

●主な変更点

カラーリング変更
「V‐STROM 1050」
・車体色:2 色
黒/赤:「グラススパークルブラック/キャンディダーリングレッド」(AV4)
黒:「グラススパークルブラック」(YVB)
※価格及び諸元に変更は無い。

「V‐STROM 1050XT」
・車体色:4 色
黄黒:「チャンピオンイエローNo.2/グラススパークルブラック」(BT1)
白橙:「ブリリアントホワイト/グラスブレイズオレンジ」(B1F)
灰黒:「オールトグレーメタリックNo.3/グラススパークルブラック」(BD7)
黒:「グラススパークルブラック」(YVB)
※価格及び諸元に変更は無い。

「「V-STROM 1050/V-STROM 1050XT」の主な特長

エンジン

・低中速域での力強さと扱い易さを特長とする、出力(78kW/8,500rpm)、トルク(99Nm/6,000rpm)の1,036cm3 V型2気筒エンジン。
・ 電子制御スロットルの採用や吸排気タイミングの調整により、令和2年排出ガス規制に対応しながら、29.2km/L※1の燃費性能を実現。

デザイン

・1988年に発売したスズキ初のアドベンチャーバイク「DR750S」をモチーフにデザインしたスタイリングを、より現代風にアレンジすることで、スポーツアドベンチャーツアラーらしい力強いイメージを強調したデザイン。

※1 国土交通省届出値:定地燃費値(60km/h)2名乗車時。定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です。燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります。
※2 トラクションコントロールは、あらゆる条件下で後輪のスリップ(スピン)を完全に制御したり転倒を防止したりするものでは
ありません。
※3 ABSは制動距離を短くするためのシステムではありません。コーナーの手前では十分に減速するなど、走行環境に合った安全運転を心がけてください。
※4 ABS は制動距離を縮めるものではありません。また、コーナリング中のブレーキングによる車輪の横滑りはコントロールすることができません。ABS を過信せずに安全運転を心がけてください。

メーカー希望小売価格(消費税10%込み)

V-Strom1050 1,430,000 円
V-Strom1050XT 1,518,000 円

スポーツアドベンチャーツアラーのV-Strom(ブイストローム)650シリーズのカラーリングを変更して発売

スズキ株式会社は、街中から高速道路、山岳路まで、長距離ツーリングを快適に楽しむことができる、スポーツアドベンチャーツアラーのV‐Strom(ブイストローム)650シリーズのカラーリングを変更し、「V‐Strom 650 ABS」及び、ワイヤースポークホイール仕様の「V‐Strom 650XT ABS」を3月12日より発売する。

V ストローム650 ABS 色:ブリリアントホワイト
V ストローム650 ABS 色:オールトグレーメタリック
V ストローム650XT ABS 色:チャンピオンイエロー

●主な変更点

カラーリング変更
「V‐Strom 650 ABS」
・車体色:2 色
白:「ブリリアントホワイト」(YUH)
グレー:「オールトグレーメタリックNo.3」(QEB)
※価格及び諸元に変更は無い。

「V‐Strom 650XT ABS」
・車体色:4色
黄:「チャンピオンイエローNo.2」(YU1)
白: 「ブリリアントホワイト」(YUH)
黒/赤:「グラススパークルブラック/キャンディダーリングレッド」(AV4)
グレー:「オールトグレーメタリックNo.3」(QEB)
※価格及び諸元に変更は無い。

「V-Strom650シリーズ」の主な特長

デザイン

  • ・1988年発売の野性的で力強いスポーツアドベンチャーツアラー「DR‐BIG」のDNAを継承したスタイリング
  • ・フロントには、縦型2灯ヘッドライトを採用。

エンジン

  • ・低回転域での鼓動感や、中回転域の力強い立ち上がりから高回転域までのスムーズな出力特性を特長とする645cm3 V型2気筒エンジン。
  • ・出力(51kW/8,800rpm)、トルク(61Nm/6,500rpm)を発生し、優れた燃費性能(35.5km/L※1)を実現しながら、平成28年国内新排出ガス規制に対応。

装備

  • シリーズ共通
  • ・広い前方視界を確保する快適な乗車姿勢と、高さを3段階に調整できる大型可変ウインドスクリーン。
  • ・快適な座り心地と足つき性を実現する、スリムな形状のシートと燃料タンク。燃料タンクは、より長い航続距離を実現する大容量20Lを確保。
  • ・ギヤポジション、平均燃費、航続可能距離など、多様な情報を表示できる機能的な液晶メーターパネル。パネル下部に12Vのアクセサリーソケットを標準装備。
  • ・防風・防雨効果により長距離や寒冷時における快適性を向上するナックルカバーを、アンダーカウルと合わせて標準装備(「V‐Strom 650XT ABS」のみ)。
  • ・アルミ製キャストホイールを装着した標準車に加え、ワイヤースポークホイール仕様車を設定。
  • ・2段階から選択可能なトラクションコントロールを採用。前後輪の速度、スロットルポジション、クランクポジション、ギヤポジションの各センサーの情報により、リヤタイヤのホイールスピンを検出した際、速やかにエンジン出力を低減。エンジン出力をより効率よく路面に伝達することが可能となり、より快適なライディングを楽しめる。※2
  • ・スタータースイッチを押し続けずにワンプッシュするだけで、スターターモーターを回転させてエンジンが始動する「スズキイージースタートシステム」を採用。また、ニュートラル時はクラッチレバーを握らなくても始動可能とした。
  • ・発進時や低回転走行時に、エンジン回転数、ギヤポジション、スロットル開度等の情報を用いて、エンジン回転数をわずかに上げる「ローRPMアシスト」を採用し、発進・停車を繰り返す市街地走行などでの操作性を向上。
  • ・前・後輪に取り付けられたホイールスピードセンサーにより各車輪速度を検知し、ブレーキの効きを自動的にコントロールして車輪のロックを一定範囲内で防ぐABS※3を標準装備。

※1 国土交通省届出値:定地燃費値(60km/h)2名乗車時。定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です。
燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や
整備状態などの諸条件により異なります。
※2 トラクションコントロールは、あらゆる条件下で後輪のスリップ(スピン)を完全に制御したり転倒を防止したりするものではありません。
※3 ABSは制動距離を短くするためのシステムではありません。コーナーの手前では十分に減速するなど、走行環境に合った安全運転
を心がけてください。

メーカー希望小売価格(消費税10%込み)

V-Strom650 ABS 924,000 円
V-Strom650XT ABS 968,000 円

V-Strom650の中古車を探す

V-Strom650の中古バイク

スポーティーなデザインと力強い加速性能、優れた燃費性能を兼ね備えた150cc のロードスポーツバイク 「ジクサー」のカラーリングを変更して発売

スズキ株式会社は、スポーティーなデザインと力強い加速性能、優れた燃費性能を兼ね備えた150ccのロードスポーツバイク 「ジクサー」のカラーリングを変更して3月24日より発売する。

ジクサー 色:トリトンブルーメタリック

「ジクサー」は、スズキの大型スポーツバイクと共通のイメージとなるスポーティーなスタイリングを特長とし、2017年に国内で発売して以来、若年層を中心に好評を得ている軽二輪車である。
「ジクサー」は、ヘッドライトからタンクまでの一体感や、ボリュームのあるタンクとスリムなシートによる抑揚のあるデザインに、欧州のデザイントレンドであるカウルを車体中心に向けてコンパクトに凝縮したプロポーションを取り
入れることで、洗練されたスタイリングに仕上げた。
力強い造形の燃料タンクとシュラウドに加え、コンパクトで薄型なLED ヘッドランプや、前後二分割 シート、スイングアームマウントリヤフェンダーを新採用することで、よりスポーティーな印象とした。また、フロントブレーキには266mm のディスクブレーキにABS※1を標準装備した。

※1 フロントブレーキのみ作動。ABS は制動距離を縮めるものではありません。また、コーナリング中のブレーキングによる車輪の横滑りはコントロールすることができません。ABS を過信せずに安全運転を心がけてください。

主な変更点

カラーリング変更
・車体色:3 色
青:「トリトンブルーメタリック」(YSF)
黒:「グラススパークルブラック」(YVB)
赤:「パールミラレッド」(YVZ)
※価格及び諸元に変更は無い。

「ジクサー」の主な特長

デザイン

・欧州のデザイントレンドであるカウルを車体中心に向けてコンパクトに凝縮したプロポーションを取り入れた、スズキの大型スポーツバイクと共通イメージのスポーティーなスタイリング。
1)力強い印象を与える、LED ヘッドランプ、シュラウド、タンクの一体感
2)ボリュームのあるタンクとスリムな前後二分割シートによる抑揚のあるデザイン
3)カウルと一体化したデザインのグラブバーやLED テールランプ、スイングアームマウントリヤ フェンダー
による、シャープでコンパクトなリヤ周り
4)ショートタイプのサイレンサーに2つの排気口を設けたデュアルタイプマフラー

装備

  • ・視認性の高いフルデジタル表示の液晶多機能メーター。
    1)任意に設定したエンジン回転数に到達するとランプの点灯/点滅でシフトチェンジのタイミングを知らせるRPMインジケーター
    2)一目でギヤポジションがわかるギヤポジションインジケーター
    3)便利な時計と切替式のオドメーター/ツイントリップメーター
    4)オイル交換時期を知らせるオイルチェンジインジケーター
  • ・インナーチューブ径41mmのフロントフォークと7段階プリロード調整式のリヤサスペンション。
  • ・フロントにABS※1を標準装備した前後輪ディスクブレーキ(前266mm、後220mm)。
  • ・140サイズのラジアルタイヤを装備したリヤタイヤ。
  • ・長距離の走行に安心な大容量12Lの燃料タンク。

エンジン・車体

  • ・フリクション低減や燃焼効率向上を図ることで、低速からの力強い加速性能(最高出力10kW/8,000rpm、最大トルク14Nm/6,000rpm)と優れた燃費性能(55.3km/L※2)を兼ね備えた空冷単気筒154cm3エンジン。
  • ・コンパクトなエンジンとフレームによる軽量な車両重量(装備重量139kg)。
  • ・アップライトなハンドルや低いシートポジション(シート高795mm)による快適な乗車姿勢。

※2 国土交通省届出値:定地燃費値(60km/h)2 名乗車時。定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です。
燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)
や整備状態などの諸条件により異なります。

メーカー希望小売価格(消費税10%込み)

ジクサー150 352,000 円

ジクサー150の中古車を探す

ジクサー150の中古バイク

軽量・コンパクトで扱いやすい200cc スクーター「バーグマン200」にABS仕様を設定して発売

スズキ株式会社は、軽量・コンパクトで扱いやすい200cc スクーターの「バーグマン200」にABS 仕様を設定して3 月16日より発売する。

バーグマン200 ABS(ニュータイタンブラック)

「バーグマン200 ABS」は、 軽量・コンパクトで扱いやすい車体に、 力強い加速と滑らかな走行を実現する200ccの水冷エンジンを搭載したスクーターである。多機能メーターの採用や大容量のシート下収納、足つき性の良いフロアボード形状と低いシート高など、通勤・通学からプライベートまで様々な用途での使い勝手を高め、快適性と機能性を追求した。

●主な変更点

ABS仕様に変更
・車体色3色
マット青:「マットステラブルーメタリック」(YUA)
黒:「ニュータイタンブラック」(YNR)
白:「ブリリアントホワイト」(YUH)

●「バーグマン200 ABS」の主な特長

エンジン

  • 力強い加速と滑らかな走行を実現する、最高出力13kWの199cm3 水冷4 サイクル単気筒エンジン。
  • 平成28年国内新排出ガス規制に対応。

デザイン・装備

  • 大型スクーター「バーグマン」シリーズに共通する独立2 灯型ヘッドライトおよびテールランプを採用した上品でスポーティーなデザイン。

車体

  • 装備重量165kgの軽量・コンパクトで扱いやすい車体。

装備

  • 走行データから算出した燃費状況を表示する平均燃費計や、燃費の良い走行状況の目安となるエコ・ドライブ・インジケーターを装備した、視認性の高い多機能メーター。
  • フルフェイス・ヘルメットが2個※1入る大容量41Lのシート下収納や、12Vのアクセサリーソケットを備えたフロントボックス。
  • 左右の足元付近を絞り込んだ形状のカット・フロアボードの採用と、735mmの低いシート高により優れた足つき性を実現。
  • 前・後輪に取り付けられたホイールスピードセンサーにより各車輪速度を検知し、ブレーキの効きを自動的にコントロールして車輪のロックを一定範囲内で防ぐABSを標準装備。※2

※1 ヘルメットの形状や大きさによっては収納できない場合がある。
※2 路面状況(濡れた路面や悪路等)によっては、ABSを装着していない車両よりも制動距離が長くなる場合があります。
また、コーナリング中のブレーキングによる車輪の横滑りはコントロールすることができません。ABS を過信せずに安全運転を心がけてください。

メーカー希望小売価格(消費税10%込み)

バーグマン200 ABS 571,340 円

バーグマン200の中古車を探す

バーグマン200の中古バイク

アグレッシブなスタイリングに高揚感のあるスムーズなスロットルレスポンスと爽快な走りを特長とする「GSX-S750 ABS」のカラーリングを変更して発売

スズキ株式会社は、アグレッシブなスタイリングに、高揚感のあるスムーズなスロットルレスポンスと爽快な走りを特長とする「GSX-S750 ABS」のカラーリングを変更して2月22日より発売する。

●主な変更点

車体色:3 色
黒青:「グラススパークルブラック/トリトンブルーメタリック」(KEL)
灰黒:「オールトグレーメタリックNo.3/グラススパークルブラック」(BD7)
つや消し黒:「マットブラックメタリックNo.2」(YKV)
※価格及び諸元に変更は無い。

●「GSX‐S750 ABS」の主な特長

エンジン

  • 一般公道での扱いやすさを追求した高出力(最高出力83kW/10,500rpm、最大トルク80N・m/9,000rpm)の749cm3直列4気筒エンジンは、「GSX‐R750」ゆずりの高揚感のあるスムーズなスロットルレスポンスと爽快な走りを実現。
  • 発進時や低回転走行時に、エンジン回転数、ギヤポジション、スロットル開度等の情報を用いて、エンジン回転数をわずかに上げる「ローRPMアシスト」を採用し、発進・停車を繰り返す市街地走行などでの操作性を向上。

デザイン・装備

  • GSX‐Rシリーズ直系エンジンを搭載したストリートスポーツバイクのGSX‐Sシリーズに相応しい、低く構えたアグレッシブなスタイリング。
  • 「GSX‐S1000」と共通イメージの躍動感あふれるラインと、牙を模したポジションランプを装備したヘッドランプスタイル。
  • 前後輪に花弁形状のペータルブレーキディスクや10本スポークのアルミ製キャストホイールを採用し、強力な制動力を発揮するラジアルマウントフロントブレーキキャリパーを装備するなど、スポーティーな印象を与える足回りで「走りの質感」を表現。
  • ハンドルが固定される中央部を大径化したテーパー形状により力強さを感じさせるハンドルバー。

装備

  • 3 段階※1から選択可能なトラクションコントロールは、前後輪の速度、スロットルポジション、クランクポジション、ギヤポジションの各センサーの情報により、リヤタイヤのホイールスピンを検出した際、速やかにエンジン出力を低減。エンジン出力をより効率よく路面に伝達することが可能となり、より快適なライディングを楽しめる。※2
  • 前・後輪に取り付けられたホイールスピードセンサーにより各車輪速度を検知し、ブレーキの効きを自動的にコントロールして車輪のロックを一定範囲内で防ぐABSを標準装備。※3
  • スタータースイッチを押し続けずにワンプッシュするだけで、ECMがスターターモーターを回転させてエンジンが始動する「スズキイージースタートシステム」を採用。また、ニュートラル時はクラッチレバーを握らなくても始動可能とした。

※1 1(低)/ 2(中)/ 3(高)の3 段階(解除可能)
※2 トラクションコントロールは、あらゆる条件下で後輪のスリップ(スピン)を完全に制御したり転倒を防止したりするものではありません。
※3 路面状況(濡れた路面や悪路等)によっては、ABSを装着していない車両よりも制動距離が長くなる場合があります。また、コーナリング
中のブレーキングによる車輪の横滑りはコントロールすることができません。ABS を過信せずに安全運転を心がけてください。

メーカー希望小売価格(消費税10%込み)

GSX-S750 ABS 987,800 円

PCサイトスマートフォンサイト
閉じる