バイク関連の情報を発信しています
バイク検索「ゲットバイク」

モータースポーツへの参加を応援!Kawasaki Team Green Program

株式会社カワサキモータースジャパン(本社:兵庫県明石市、代表取締役社長:寺西 猛)は、モータースポーツへ参加されるライダーを応援する企画「Kawasaki Team Green Program」を発表した。

Kawasaki Team Green Programとは?

これからモータースポーツやレースを始めようというユーザーから、現在サンデーレースを楽しまれている方、全日本などのトップクラスのレースに参戦されているライダーまで、カワサキのモーターサイクルでモータースポーツを楽しんでいるユーザーのモータースポーツ・レースの側面支援活動を行うプログラムのこと。

プログラム内容

①サーキット体験走行優待

カワサキモーターサイクル新車(ロードモデル)購入のお客様に、優待価格で国内主要サーキットの体験走行ができる「体験走行優待券」を進呈。

●対象:対象期間中、ナンバー取得可能なカワサキモーターサイクル新車(ロードモデル)をご購入のお客様(KX/KLXシリーズは対象外となります)
※革ツナギ等のレーシングスーツは不要。ツーリング装備での先導付き走行となる。

●対象期間:2021年4月1日(木)~2021年12月31日(金)

●対象サーキット
・十勝スピードウェイ・スポーツランドSUGO・ツインリンクもてぎ
・筑波サーキット・富士スピードウェイ・岡山国際サーキット
・オートポリス・SPA直入

②レース参戦支度金キャッシュバック

期間中、カワサキモーターサイクル新車をご購入の上、対象レースに参戦で最大6万円のレース参戦支度金をキャッシュバック。

●対象:2020年7月1日~2021年10月31日に新車をご購入の上、対象レースに参戦されたお客様

●キャッシュバック金額:全日本ロードレース / 全日本モトクロス :60,000円(税込)
地方戦、Ninja Team Green Cupなどその他指定競技:30,000円(税込)
※レース参戦支度金のキャッシュバック申請は、参戦期間中でいずれか1回のみ

●参戦期間:2021年1月1日~2021年12月31日
●申請期間:2021年4月28日~2022年1月31日
●対象レース(一部抜粋)

・全日本ロードレース・全日本モトクロス
・Ninja Team Green Cup・クロスカントリー/JNCC
・エンデューロ/全日本・スーパーモト/全日本
・地方戦モトクロス・地方戦ロードレース
・クロスカントリー/WEX・エンデューロ/エリア戦
・スーパーモト/エリア戦・その他ロードレース

③全日本ロードレース / 全日本モトクロス 入賞報奨金

全日本ロードレース選手権や全日本モトクロス選手権の対象レースで、既定の入賞をされた方に報奨金を進呈。

●内容
①全日本ロードレース選手権 / 全日本モトクロス選手権の各大会で6位以内に入賞した方に対し、既定の報奨金を進呈。
※決勝レースが複数回行われた場合は、その中で最も上位に入賞した1レース(ヒート)のみが対象(総合ポイントは対象外)。

②年間ランキングで6位以内に入賞した方に対し、既定の報奨金を進呈。

●対象レース
・全日本ロードレース選手権(JSB1000/ST1000/ST600/JP250)
・全日本モトクロス選手権(IA1/IA2/IB/L/JX)

④Ninja Team Green Cup / Trial

「スーパースポーツモデルには興味があるけどサーキットは走ったことがない、走ってみたいけどどうしたらよいかわからない」そのようなお客様が、本サーキットイベントを通して、モーターサイクルの楽しみ方の幅を広げて欲しいという想いで、国内主要サーキットとともに開催。

●Ninja Team Green Trial
レースに必要な知識やルールなどを学べる座学から、サーキットライディングスクール、タイムトライアルなど、サーキット走行未経験の方でも学びながら楽しめるイベント。

●Ninja Team Green Cup
エントリーユーザーでも参加して楽しめる初心者向けのNinja ZX-25Rワンメイクレースです。ノーマルに近い仕様でのMFJ承認のオーソライズされたレースとし、デビューもしやすいイベントとしている。

​Kawasaki Team Green Program ホームページ

https://www.kawasaki-motors.com/mc/kawasakiteamgreenprogram/
※各プログラムの詳細は、ホームページよりご確認ください。

スズキ、ストリートバイク
新型「GSX-S1000」を発表

スズキ株式会社は、ストリートバイク「GSX-S1000」を全面改良し、6月より欧州をはじめ世界各国で順次販売を開始する。

新型「GSX-S1000」

「GSX-S1000」は、スーパースポーツバイク「GSX-R1000」のエンジンと車体をストリート向けにチューニングした、高揚感のある加速と軽快な走りを楽しめるストリートバイクである。
今回の全面改良では、扱いやすさとスポーツ性能の高さを継承しつつ、アグレッシブかつ前衛的なデザインを採用した。また、エンジンの出力向上を図るとともに、電子制御システムS.I.R.S.(スズキ・インテリジェント・ライド・システム)を新たに搭載することで、より扱いやすさとスポーティーなライディングを両立できるストリートバイクとなった。

新型「GSX-S1000」は、スズキ二輪車に初採用となるモノフォーカスタイプのLEDヘッドライトを、縦型2灯式に配列した斬新なデザインを特長とする。また美しく迫力のあるタンクとシャープなカウルラインとのコントラストを強調したデザインとすることで、アグレッシブさと機敏さ、知性を備えたパフォーマンスの高さを表現した。
999cm3水冷直列4気筒エンジンは、電子制御スロットルシステムの採用や吸排気の機構変更により、欧州で2020年より新型の二輪車を対象に導入された新しい排ガス規制「ユーロ5」に対応(欧州仕様車)しながら、最高出力の向上を実現した。

新搭載の電子制御システムS.I.R.S.には、出力特性を3つのモードから選択できるSDMS(スズキドライブモードセレクター)や、選択幅を広げ5段階から選択可能となったトラクションコントロールシステム、クラッチレバーを操作しなくてもシフトアップ/ダウンできる双方向クイックシフトシステムなどを採用した。ライダーの経験値や路面の変化に応じた走行を可能とすることで、スポーティーなライディングから普段使いまで、ストリートバイクにおけるライダーの走る楽しさを追求した。

新型「GSX-S1000」の主要諸元 (欧州仕様)

全長2,115mm
全幅810mm
全高1,080mm
ホイールベース1,460mm
装備重量214kg
エンジン型式999cm3水冷4サイクル直列4気筒DOHCエンジン
最高出力112kW/11,000rpm
最大トルク106N・m/9,250rpm
燃料タンク容量19.0L

スズキ、新型「Hayabusa(ハヤブサ)」を
インドで組み立てて発売

スズキ株式会社のインドにおける二輪車の生産販売子会社であるスズキ・モーターサイクル・インディア社(SMIPL社)は、2021年4月26日に新型「Hayabusa(ハヤブサ)」を発表した。日本から部品を輸出し、SMIPL社の工場で組み立てを行い、5月よりインド国内で販売を開始する。

インドで発表した新型「Hayabusa」

新型「Hayabusa」は、高い空力特性を持つ独特のデザインや優れた走行性能で世界中のお客様からご好評いただいているスズキのフラッグシップモデルの3代目である。2月より欧州をはじめ、北米、日本など全世界で順次販売を開始しており、このたび新型「Hayabusa」として初めて海外工場で組み立てを行う。

「Hayabusa」組み立ての様子

SMIPL社は2016年3月より、2代目「Hayabusa」をはじめとする大型二輪車の組み立てを行っており、新型「Hayabusa」の組み立てを通じて同社の高い技術力をアピールするとともに、インドにおけるスズキブランドの存在感を高める。

スズキ・モーターサイクル・インディア社の概要

社名Suzuki Motorcycle India Private Limited
本社所在地ニューデリー市
従業員数約1,400名(2021年3月末現在)
資本金178億1,553万ルピー(スズキ出資比率100%)
生産台数599,924台(2020年度)
二輪生産車種アクセス125、バーグマンストリート、ジクサーシリーズ、イントルーダー
大型二輪組立車種Hayabusa、V-Strom 650

【2021年5月】フラメンコ(F)☆サリー タロット占い

あなたの誕生日で月ごとの運勢がわかる
フラメンコ☆サリー霊感フラメンコタロット占い

あなたのFORTUNE TRLLER!! フラメンコ(F)★サリーです
TV出演、雑誌、新聞、ホームページ、イベントと大忙しの毎日。GETBIKEスタッフ推薦の、よくあたるといわれる占い!!!
あなたの運勢をフラメンコタロット占いで華麗に的中!

2021年5月1日~5月31日までの占い

1月生まれ
自分のやりたいことがある程度できるとき。1人でも行動できる華やかな運気。でも、自由に動くほど、周囲の評価や成果はイマイチの傾向も。特に理屈を言ったり、自分のセオリーに固執すると悪く目立つ恐れも。また自分で特技と思うことが実は足かせになっていることも。頭脳ばかりでなく体で動いて実感を。

2月生まれ
のんびりしてプライベートなことに目が向きやすいとき。のんびりし過ぎるとガツンと仕事などで”カツ”を入れられる出来事も。限界を感じることはここで方向転換。一方で新たな目的、手段、方策を考える必要も。通勤通学手段を考えたり、習い事を始めるなど、小さな変化も運気の活性化には効果的。

3月生まれ
甘い誘惑、おいしい話などが持ち込まれるとき。でも、ウッカリ欲張ると足元をすくわれることもありがち。ムードに酔わず、リアルにシビアに相手をとらえないと、地雷を踏む恐れも。特に自分ひとりが楽をできる・良い思いをするような状況では仲間割れもあり、周囲に配慮を。ローンや物の貸し借りは慎重に。

4月生まれ
モヤモヤして整理できない気持ち。言えない言葉が心に渦巻く時。また、試行錯誤もある大変な時だけど、地道な準備と整理から手を付けてみれば次第にやりたい事ややるべき事が形になってくるはず。孤独や重圧との戦いもあるが、逃げなければ味方も現れそう。ただし、ドタキャンや遅刻はタブー。

5月生まれ
努力が報われ何かと目立つ出来事が多い。それだけにカッコつけて強がったり、隠し事をしやすい傾向も。ウソや見栄は次第に重くなるのでご用心!悪気はなくても誰かを傷つけたり追い詰めたりしやすいので行動が独りよがりにならないよう注意を。ときには譲歩や人を立てる大人の対応も必要。

6月生まれ
身近なところや周囲でトラブルや混乱、予定変更が起こりやすい時。とばっちりで不本意な役割や仕事も巡ってくるけれど、結果的にはあなたにとって発展的な運気を運ぶことに。ただし、共同作業、お金や道具などの貸し借りでは油断は禁物。感情に流されてルールを破ると、後々面倒な問題も出てくる。

7月生まれ
周囲とテンポがズレやすい時。テキパキ動いているつもりでも、周囲からはノンキに見えたり、ギリギリまで一人で抱え込んで結局迷惑をかけたり。むしろサポートや雑用など、相手が喜ぶようにこなしている方が信頼を得られる。メカ類など苦手なことから逃げずに学ぶ。覚えようとする努力も大切。

8月生まれ
大きな課題やいろいろな困難も。この時期に適切な手を打てば、良い方向に進められるタイミング。と言っても、バッサリと大胆な変化ではなく、細かな配慮や丁寧な対応の積み重ねが物を言うときなので粘り強く。コミュニケーション力に磨きをかけ、思いを言葉にすることで危機を回避できることも。

9月生まれ
これまで価値あると思っていたものが石コロのように思えたり、敬遠していたものの良さに気づいたり。価値観が変わって自分でも戸惑うことがある時。人間関係のフォローや修復は素直になれば比較的簡単にできるけれど、敵と味方をハッキリ分けすぎるのは危険。お金のからむ事は取り戻そうとして損する。

10月生まれ
たくさんの出会いがある時。偶然のつながり、意外な方向からの話や再会などの中にも後々発展するコネクションがあるのでキープを。特に家族関連の縁は軽視しないほうが。一方で更新の必要のないものの見直しもキチンと。惰性で続けることを整理すると自由な時間とお金が手に入ることも。

11月生まれ
忙しいけれど、久々に気持ちは楽に過ごせそう。リフレッシュに少し自然の中に出かけてみると悩みや迷いにも結論が出せる。停滞していた事も少しずつ動き始めるはず。大きなヒントを与える言葉やヒラメキは意外な相手がくれるかも。特に仕事には良い時だが、転職の場合は元の場所との問題を起こさないように。

12月生まれ
やむを得ずチームプレーをする事もあるが、その中で実力が磨かれる時。勝手な動き、自己主張で浮かないように。ただし、自分の可能性は自分のワクにはめず、勧められたり、与えられた事は思い切って取り組もう。思いがけないことの魅力を知ったり自分の新たなキャラを見つけたり、控えめの方が目立つことも。

クルーザーモデル「BOLT Rスペック ABS」 2021年モデルを発売~カジュアルで上質な“ブルー”とシンプルで力強い“ブラック”の2色を新設定~

ヤマハ発動機株式会社は、ボバ―スタイルの走りと“シンプル”を追求したクルーザーモデル「BOLT Rスペック ABS」のカラーリングを変更し、2021年モデルとして6月8日に発売する。

BOLT Rスペック ABS

 2021年モデルは2色を新設定。“ブルー”は、親しみやすくカジュアルな中にもヘリテージテイストを感じさせ、シンプルなグラフィックとともに上質感漂うカラーリングとなっている。“ブラック”は、定番色でありながら、ダークトーンのグラフィックを採用することで金属パーツの質感を際立たせ、力強い存在感をアピールしている。

BOLT Rスペック ABS

「BOLT Rスペック ABS」は、“Ultimate Purely Bobber”をデザインコンセプトとするシンプルなスタイルと都市近郊での快適な走行性を兼ね備え、2013年の発売以来、多様なライフスタイルにフィットするモデルとして支持されているモデル。また、ゴールドリザーバータンク付きリアサスペンションや切削加工を施したキャストホイールは従来モデルから継続採用し、スポーティーで上質な仕上げとしている。

新色は、“Fun to Ride”を求めるアクティブ志向の方に向けた、フロント2輪の軽快さと楽しさを引き立てる鮮やかな“イエロー”。なお、“マットグレー”と“ホワイト”は継続販売する。

メーカー希望小売価格(税込)

BOLT Rスペック ABS 1,045,000円

BOLTの中古車を探す

BOLTの中古バイク

PCサイトスマートフォンサイト
閉じる