中古バイク情報、バイク関連の情報を発信 
 Tag Archive | 2021

【カワサキ】Ninja650シリーズがニューカラーで登場

Ninja 650(パールロボティックホワイト×メタリックカーボングレー)
Ninja 650 KRT EDITION(ライムグリーン×エボニー)

Ninja 650シリーズ

「ファン・スタイル・イージー」のコンセプトをもとに開発されたNinja 650。軽量でスリムなシャーシに低中回転域の力強さを重視したパラレルツインエンジンを搭載し、軽快且つエキサイティングな走りを提供する。スタイリングは、Ninjaシリーズ共通のスポーティなイメージとし、LEDヘッドライトや4.3インチTFTカラー液晶スクリーンを採用することで、先進性と高級感を演出。さらに、アップライトで足つきの良いライディングポジション、軽量な車体により、ビギナーからベテランまで親しみやすいマシンキャラクターとなっている。また、KRT EDITIONの車体デザインにはスーパーバイク世界選手権で戦うNinja ZX-10RRをイメージしたカラーリングを採用。よりスポーティなイメージを身に纏っている。

Ninja650シリーズの主な変更点

・ 型式および型式指定・認定番号の変更(新排出ガス規制適合のため)
  上記に伴い燃料消費率(WMTCモード)表示値の変更(23.6km/L→23.0km/L)
・ カラー&グラフィックの変更(KRT EDITIONのカラーは継続)

メーカー希望小売価格(税込)

Ninja650 / Ninja650 KRT EDITION 913,000円

参照元サイト

カワサキモータースジャパン

【カワサキ】Z H2ニューカラーが登場。Z H2 SEはカラー継続

Z H2(メタリックグラファイトグレー×メタリックディアブロブラック)

Z H2

バランス型スーパーチャージドエンジンを搭載したスーパーネイキッドモデルZ H2。 “SUGOMI”スタイリングを身に纏い、圧倒的な存在感を放つ。また、多数の最新装備を搭載したことによる優れた操縦性・快適性が、パワー全域を余すところなく“SUGOMI”パフォーマンスを発揮。溢れんばかりのパワーと扱い易さを両立したこのモデルは、カワサキが技術の粋を結集しモーターサイクルのあるべき姿を具現化したZシリーズのフラッグシップモデル。

Z H2の主な変更点

・カラー&グラフィックの変更

Z H2 SE(メタリックディアブロブラック×ゴールデンブレイズドグリーン(継続))

Z H2 SE

Z H2が持つ圧倒的なパワーと優れたコントロール性という究極の両立を維持しながら、KECS(カワサキ電子制御サスペンション)を装備したZ H2 SE。スカイフックテクノロジーを実装する前後の電子制御サスペンションは、よりスムーズな乗り心地をもたらし、快適性と楽しさを向上させる。また、ブレンボのStylemaとマスターシリンダーを採用したフロントブレーキコンポーネントは、制動力とコントロール性をさらに向上させ、スーパーチャージドフラッグシップZの魅力をより高めている。

メーカー希望小売価格(税込)

Z H2 1,914,000円
Z H2 SE 2,200,000円

参照元サイト

カワサキモータースジャパン

【カワサキ】Z650のニューカラーが登場

Z650(パールロボティックホワイト×メタリックマットグラフェンスチールグレー)

Z650

スリムでコンパクトなパッケージをもつZ650は、軽量なシャーシに、低中回転域で力強いトルクを生み出す649cm³パラレルツインエンジンを搭載。スーパーネイキッドZシリーズが持つ「Sugomi」パフォーマンスと「Sugomi」デザインを具現化し、バランスのとれたパフォーマンスを発揮。また、車体面ではシャープなスタイリングに加え、LEDヘッドライトや4.3インチTFTカラー液晶スクリーンを備えるインストゥルメントパネルがその存在感を高めているモデル。軽快なハンドリングと優れたスロットルレスポンスを持ち合わせ高いスポーツ性能を発揮するZ650は、多様なシーンで奥深い走りを提供する。

Z650の主な変更点

・ 型式および型式指定・認定番号の変更(新排出ガス規制適合のため)
  上記に伴い燃料消費率(WMTCモード)表示値の変更(23.6km/L→23.0km/L)
・ カラー&グラフィックの変更

メーカー希望小売価格(税込)

Z650 858,000円

参照元サイト

カワサキモータースジャパン

【ヤマハ】ロードスポーツ「MT-10」「MT-10 SP」をモデルチェンジ ~頂点にふさわしい性能とスタイリングを極めたMTシリーズのフラッグシップ~

MT-10(パステルダークグレー)

ヤマハ発動機株式会社は、MTシリーズのフラッグシップモデル「MT-10」および上級モデルの「MT-10 SP」をモデルチェンジし、2022年2月に欧州で発売する。また、11月25日からイタリア・ミラノで開催される「EICMA(国際モーターサイクルエキシビション)」に出展予定。なお、日本での発売は2022年秋以降を予定している。

2022年モデルの「MT-10」は、“MT-king’s Dignity”をコンセプトに開発。
主な特徴は、以下の通り。

1)吸排気系を見直し、EU5適合化と出力アップを図ったエンジン
2)操る悦びを体感できるサウンドデザイン
3)トラクションコントロールやスライドコントロールシステムなど、IMU(Inertial Measurement Unit)搭載による高精度な各種電子制御
4)設定した速度に最高速度を制限できる当社初採用のYVSL(Yamaha variable speed limiter)
5)滑らかなシフトアップ&ダウンが可能なクイックシフター
6)次世代のMTシリーズ最高峰モデルに相応しい風格とシリアスなスタイリングを追求したデザイン

「MT-10」は、“意のままに操れるストリート最強のスポーツ性能”と“多用途で楽しめる機能”を集約させたモデル。「MT-10 SP」は、アップデートしたオーリンズ製電子制御サスペンション、アンダーカバーなどを装備した上級モデルとなっている。

※「MT-10 SP」は、2022年中頃に欧州での発売を予定。

参照元サイト

YAMAHA発動機株式会社

スズキ、『KATANAミーティング2021』がWEBイベントとして開催

KATANA Meeting2021

SUZUKIは、「KATANAミーティング2021」の実イベント開催に向けて慎重に検討を重ねた結果、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、屋外イベントの開催を見合わせることを決定した。
当イベントはWEB参加型イベントとして開催され、KATANAオーナーから写真を募集し、大型フラッグを制作する『KATANAオーナービッグフラッグプロジェクト』と『KATANAミーティング2021限定オリジナルグッズ』の予約販売を実施する。

KATANA BIG FLAG PROJECT

KATANA BIG FLAG PROJECT

KATANAオーナーより投稿されたKATANAの写真を使って、1つの大型フラッグを制作。
KATANAへの想いがたくさん詰った大型フラッグは、KATANAミーティング2022へつながるアイテムとして、次回のKATANAミーティング開催時に掲出予定となっている。

応募期間

2021年9月24日(金)17:00 ~ 2021年10月25日(月)11:00

応募要項

・対象車:KATANAシリーズ
・駐車もしくは停車中の車両の写真。
・車両全体が確認できる写真の応募をお願い致します。
 オーナー様もご一緒に、車両のみなど形式は問いません。

KATANA Meeting 2021 限定オリジナルグッズ

受注期間

2021年10月4日(月)10:00 ~ 2021年10月25日(月)11:00

  • 売上の一部を日本赤十字社へ令和3年8月大雨災害義援金として寄付させていただきます。
  • 受注生産となりますため、お客様都合によるキャンセル・返品・交換には対応しておりません。
  • 商品発送は、2021年12月上旬の発送を予定しております。
  • 画像はイメージです。実際の商品とは異なる場合があります。

オリジナル Tシャツ(M、L、XL) 2,750円(税込・送料別)

KATANA Meeting オリジナルTシャツ

素材:綿100%

KATANA Meeting オリジナルTシャツサイズ

オリジナル キャップ 3,300円(税込・送料別)

KATANA Meeting オリジナルキャップ

素材:綿35% ポリエステル 65%

KATANA Meeting オリジナルキャップサイズ

KATANA Meeting2021特別サイト

https://www1.suzuki.co.jp/motor/katana-meeting2021/

参照元サイト

SUZUKI株式会社

PCサイトスマートフォンサイト
閉じる