バイク関連の情報を発信しています 
 Archive | MotorCycle Information

「二輪車市場動向調査」の結果を読む 新車購入者にみる変化のポイント

『2019年度 二輪車市場動向調査』の結果によると、新車(二輪車)購入者の平均年齢は54.7歳。50~60代が新車購入の中核をなしている。購入した二輪車への満足度は、すべての項目で期待度を上回り、スピード感や爽快感、渋滞にまきこまれない特性が評価された。また、二輪車駐車場の整備、任意保険料の低料金化、高速道路の低料金化などがユーザーから期待されている。


一般社団法人日本自動車工業会(自工会)は、「2019年度 二輪車市場動向調査」を実施し、今年4月8日、結果を発表した。この調査は隔年で実施しているもので、二輪車を新車で購入した人の属性や使用状況などを把握する「新車購入ユーザー調査」と、市場活性化のヒントを探る「トピック調査」との2本立てとなっている。
 とくに「新車購入ユーザー調査」は、過去からおおむね同じ設問を続けており、新車購入者の特徴や使用実態の変化などを読み取ることができる。この記事では、今回の「新車購入ユーザー調査」の結果のなかから、大きな変化がみられた事柄や、注目すべき傾向をいくつか読み解きたい。

●新車購入ユーザー調査の概要

新車を購入する世代は「50~60代」がメイン

今回の2019年度調査で、二輪車を新車で購入した人の平均年齢は54.7歳で、前回の2017年度調査から2歳上昇した。(次頁グラフ参照)
 世代構成率を見るとボリュームゾーンは「50代」の30%で、「60代」も26%と多い。“人生100年時代”といわれるが、いまや50~60代が元気なことに違和感はない。「70代以上」の12%を含め、二輪車の新車購入は、50代以上が全体の68%を占めている。

●新車(二輪車全体)購入者の世代構成

近年の二輪車販売は、原付一種(~50cc)が減少傾向にあるが、原付二種(51~125㏄)は横ばい、軽二輪(126㏄~250㏄)と小型二輪(251㏄~)は微増傾向にある。
 それを踏まえて“排気量×タイプ別”で世代構成率を見ると、近年売れている「126~250㏄ オンロードタイプ」は、50代が30%(前回から8?増)、60代が20%(同6?増)となり、いわゆる1980年代の“バイクブーム世代”が、新車の軽二輪スポーツに回帰してきているものと推察できる。

●新車(126 ~ 250㏄ オンロード)・世代構成

この傾向は、製品価格の高い「401cc~ オンロードタイプ」ではより顕著で、50代が48%(前回から8?増)、60代が20%(同9?増)となった。最新の大型オンロードモデルに食指が動き、なおかつ購買力のある50代以上が、このクラスの新車市場をいっそう強力に牽引していることがわかる。

●新車(401㏄~ オンロード)・世代構成

一方、新車を購入した「40代」の構成率は、今回17%(前回から3?減)。30代以下は合わせて12%(同6?減)となった。より若い世代の構成率が減っているのは、たんに“若者のバイク離れ”と断じるのは早計で、若い世代が中古車市場へシフトしている可能性など、さらに検証してみる必要がありそうだ。

軽二輪スポーツのヘビーユーザーが増加

2019年度調査にみる新車購入ユーザーの週間使用日数は、全体平均で3.7日。前回調査から0.2?減少した。これに伴って、新車購入ユーザーの月間走行距離は、今回の全体平均が239kmで、前回調査から26km減少した。(次頁グラフ参照)
 これを“排気量×タイプ別”で見ると、とくに「126~250㏄ オンロードタイプ」では、週間使用日数が調査回ごとに減少しているなか、月間走行距離が300kmを超す“ヘビーユーザー”の構成比は減っておらず、ツーリングなどでの長距離走行は減っていないものと考えられる。近年の二輪車市場において、趣味性の高い軽二輪スポーツの人気が反映された変化・傾向といえそうだ。

週間使用日数と月間走行距離<全体>
週間使用日数と月間走行距離<オンロード>

新車への満足度は期待度より高い

「新車購入ユーザー調査」では、購入した新車に対し、事前に抱いた期待度と、使用した後の満足度について、さまざまな項目ごとに比較している。(次頁グラフ参照)
 期待度が最も高い項目は「燃費がよい」で、全体の72%から期待されている。続いて「自転車に比べて楽に移動できる」69%、「身軽に動ける」63%、「維持費が安い」60%、「交通の不便さが解消できる」55%などとなっている。
 こうした事前の期待に対して、使用してからの満足度との“差”に注目してみると、じつにすべての項目で満足度が上回っていた。とくに差が大きかったのは、「スピード感を楽しめる」が、期待度35%⇒満足度46%(11?プラス)でトップ。「乗っていて爽快感を味わえる」が期待度52%⇒満足度60%(8?プラス)、「交通渋滞に巻き込まれなくてすむ」が期待度48%⇒満足度56%(8?プラス)などとなっている。
 一方、差が小さかったのは、「身軽に動ける」期待度63%⇒満足度64%(1?プラス)、「駐車スペースを気にしなくてよい」期待度42%⇒満足度43%(1?プラス)、「維持費が安い」期待度60%⇒満足度62%(2?プラス)などとなっていた。

購入した新車(二輪車全体)への期待度と満足度の比較

期待される二輪車周辺のインフラ・制度の整備

調査はほかにも、二輪車の楽しみ方について、ツーリングやサーキット走行などレクリエーションの経験や、グローブやウエアなど関連用品の所有状況、二輪車の購入時の決め手となった要素などについて結果をまとめている(報告書を参照されたい)。
 さらには、二輪車を取り巻く周辺(施設やインフラ、制度など)に関して、二輪車ユーザーが何を期待しているかも明らかにしている。その結果を見ると、「二輪専用駐車場の整備拡大」と、「任意保険料の低料金化」への期待が最も多く、全体の45%が改善を求めている。
 ほかにも、「原付免許での運転可能排気量の拡大(125ccまで)」35%、「高速道路の低料金化」35%、「二輪車駐車場の低料金化」26%、「二輪車走行禁止区間の廃止」25%など、制度の見直しへの期待は大きい。

二輪車の周辺への期待(施設・インフラに対する期待)

この記事では取り上げなかったが、2019年度の「トピック調査」は、①レンタルバイクなどにおける二輪車のサブスクリプション(定額)の受容性、②一般の人々のニーズに合う二輪車ベネフィットの発掘、③求められる「あるべき販売店」と実際との差、④乗り換え需要の動機把握の4つをテーマに結果をまとめている。
 詳しい調査結果は、以下のウェブサイトからPDFデータを入手し確認されたい。

2019年度二輪車市場動向調査

●問い合わせ先
一般社団法人日本自動車工業会
TEL:03-5405-6179

2019年・二輪免許の取得件数が増加 50代は年間1万人超える

警察庁の『運転免許統計』(令和元年版)が同庁のWebサイトに公表された。2019年1年間のデータが最新情報として更新されたもの。過去の統計にも遡り、2009年から2019年までの11年間について、普通二輪免許と大型二輪免許の交付件数(新規免許+併記免許=その年の当該免許取得件数とみなす)を集計し整理した。
 2019年の1年間で、普通二輪免許を取得した件数は、前年より7,048件多い17万1,602件(前年比104.3%)となり、2年連続で増加した。17万件を上回ったのは、2015年以来、4年ぶり。
 一方、2019年の1年間で、大型二輪免許を取得した件数は、前年より3,200件多い7万4,770件(前年比104.5%)となり、3年連続の増加となった。

普通二輪免許・大型二輪免許交付件数の推移(2009 年~ 2019 年)

免許取得件数を年齢層別に見ると(次頁表参照)、2019年の普通二輪免許の取得に関して、前年より減少したのは「10代」だけで、ほかのすべての世代で前年の件数を上回った。とくに、「50代」の取得件数は9年連続で増加しており、2019年は1万件を超えた。10年前の2009年と比較すると2倍(208.3%)に増えている。また、「60代以上」の取得件数も2倍以上(226.4%)に増えており、50~60代の二輪免許志向は、年々高まっているのが明らかだ。

一方、大型二輪免許の取得件数に関しても、前年と比べて減少したのは「10代」だけ。「20代」以降はすべての世代で前年を上回っている。とくに「30代」が前年より増加したのは2007年以降で初めてのこと。そしてここでも、「50代」の大型二輪免許取得件数は1万2,776件を数え、対2009年比で3倍強(318.7%)に増加している。同じく「60代以上」は1,449件で、対2009年比3.5倍(348.3%)の伸びとなっている。「50代」および「60代以上」の件数を合計すると、sほぼ「30代」と同等の件数になり、決して小さい数とはいえない状況だ。
 熟年世代の二輪免許志向の拡大は、二輪車市場へも少なからず影響を与えるものと考えられそうだ。

普通二輪免許の年齢層別交付件数(2009 ~ 2019 年)
大型二輪免許の年齢層別交付件数(2009 ~ 2019 年)

●問い合わせ先
『運転免許統計』に関する問い合わせは警察庁
TEL:03-3581-0141

国内二輪車市場1~3月は堅調  注目のスポーツバイク・2020年モデル

今年序盤(1-3月)の自動二輪車の国内販売は、前年同期比101.1%で堅調を維持。これから需要が上昇する季節になり、二輪車市場にどんな製品がラインアップされているかが気になる。2020年の超目玉モデルは、カワサキ「Ninja 1000SX」、スズキ「ジクサーSF250」、ホンダ「CBR1000RR-R FIREBLADE」、ヤマハ「YZF-R1」、購買意欲をくすぐる魅力に溢れている。

フルカウルモデルにみる多様な魅力

2020年序盤(1-3月)の国内二輪車市場の実績を見てみると、自動二輪車(原付二種・軽二輪・小型二輪)の販売台数は前年同期比101.1%で、堅調を維持している。とくに軽二輪(125㏄超~250㏄)は、前年同期比115.1%と、出足は好調だ。

自動二輪車の販売台数推移(各年1-3 月)

これから夏にかけて、ニューモデルや人気モデルへの購買意欲がどんどん高まる時期。いまどんなバイクが市場にラインアップされ、注目すべきモデルの特徴はどのようなものか、購入のきっかけとなったり、比較検討につながる情報の拡散が求められている。
 そこで今回は、カワサキ、スズキ、ホンダ、ヤマハ、それぞれの新機種にスポットを当て、各社広報担当者がイチオシする“2020年・超目玉バイク”を紹介する。図らずも、各担当者が取り上げた1台は、いずれもフルカウルタイプ*注のスポーツモデル。スタイリング、走りの性能、どう楽しめるバイクか、そして価格。同じフルカウルタイプでもそれぞれに魅力は異なり、スポーツバイクの多様性が見えてくる。
*注:車体が全体的にカウルで覆われた種類のバイク。カウルは走行時の風を整流するためにエンジンや車体を覆う部品。

Kawasaki(カワサキ)

買い得かつ満足のいく“スポーツツアラー”――Ninja 1000SX

Ninja 1000SX

「Ninja 1000SX」は、スーパースポーツのスタイリングをもちながら、ロングツーリングを快適に楽しむための乗車ポジション、機能・装備が絶妙なバランスで満たされている。オールラウンドな“スポーツツアラー”として、今年4月4日に新発売。幅広いシーンで走りの魅力を発揮する1台だ。

カワサキでグローバルマーケティング課に所属している赤地佑介さんは、「このバイクは、ワインディングを気軽にソロで楽しむもよし、パニアケースを装着してタンデムでの旅を楽しむもよし、1,000㏄クラスのパワーと軽快感がさまざまなライディングシーンにフィットします。メガツアラーを重いと感じるようになった中高年ライダーや、仲間と走ったりキャンプも楽しみたいという若者にも、大いに満足してもらえると思います」と話す。
初代モデルの「Ninja 1000」は、2011年に発売されて大ヒット。今回のモデルチェンジで4代目となり、名称には“スポーツツアラー”を意味するSXが付いた。従来の両側4本出しマフラーから片側1本出しマフラーに変更され、灯火類をすべてLED化するなど、スポーティなイメージをさらにアップさせている。
またNinja 1000SXには、快適な走行をサポートする先進機能が充実。まず、ETC2.0車載器、グリップヒーター、DC電源ソケットは標準装備。トラクションコントロールをはじめ、クラッチ操作なしでシフトチェンジできるクイックシフター、一定のスピードで走行できるクルーズコントロールなど数々の先進機能を搭載している。Bluetoothでスマートフォンと車両を接続すれば、ツーリングの行程や走行内容の記録もできるという。赤地さんは、「バイクに搭載される電子制御技術はどんどん進化しています。Ninja 1000SXにはそうした機能や装置が盛りだくさんに採用されていて、車両価格に照らしてみると、とてもお買い得感があるはずです」と、その魅力に自信を見せている。

カワサキの製品ラインアップ一覧(2020 年4 月20 日現在)

Suzuki(スズキ)

若者の心をつかむエントリーモデル――ジクサーSF250

ジクサーSF250

スズキは、今年3月27日から「スズキWEBモーターサイクルショー」を公開している。現実の会場に置かれたかのように同社のニューモデルや人気モデルが“展示”され、気になるバイクの画像をクリックすれば、詳しい情報や関連動画を見ることができる。
 その正面ステージに置かれているのが、4月24日に新発売された「ジクサーSF250」だ。このバイクは、スズキ独自の新開発の油冷式エンジンを搭載した250㏄クラスのフルカウルスポーツで、国内では2019年の東京モーターショーで初公開されて話題を呼び、発売が待たれていたもの。

スズキの国内二輪広報を担当する木下博之さんは、「ジクサーSF250は、精悍な顔つきと、フロントカウルにボリュームを持たせたグラマラスなスタイリングデザインに高い評価をいただいています。また軽量で扱いやすい車体に、新開発油冷エンジンを搭載しています。走りは軽快で、低回転から力強く、高回転まで伸びのある加速感が気持ちよく楽しめるバイクです」と話す。
近年、250㏄クラスのスポーツバイクは、60万円以上の価格が多くなっている。そのなかでこのジクサーSF250は、メーカー希望小売価格が48万1,800円(税込)という思い切った“お手頃価格”。免許を取得したばかりの若者でも、積極的に購入を検討できる金額になっている。
木下さんは、「ジクサーSF250の開発コンセプトは、コストを抑えて、若者が乗りたくなるような、カッコいい250㏄クラスのスポーツバイクを作ろうというものでした。この価格には、バイクに乗る人をもっと増やしたいという、スズキの思いが込められています」と話す。なお、ネイキッドタイプの「ジクサー250」も同時に発表されており、6月17日に国内新発売の予定となっている。

スズキの製品ラインアップ一覧(2020 年4 月20 日現在)

Honda(ホンダ)

スーパースポーツはさらなる高みへ――CBR1000RR-R FIREBLADE

CBR1000RR-R FIREBLADE

ホンダのスポーツバイクの最高峰として位置づけられるのが「CBR1000RR-R FIREBLADE」。スーパースポーツの極みといえるこのバイクが、今年3月20日に発表された。

開発コンセプトは「Total Control for the Track~サーキットで本領を発揮するマシン~」だ。MotoGPで培った技術を注ぎ、高出力かつコントロール性に優れた出力特性のパワーユニットと、操縦性を追求した車体パッケージングの組み合わせに、スポーツライディングをサポートする先進の電子制御技術や、エアマネジメントを追求したカウリングとウイングレットを採用するなど、MotoGPで培った技術も注ぎフルモデルチェンジを図ったCBRシリーズの最上位モデルだ。
 ホンダモーターサイクルジャパンの広報担当・森口雄司さんは、「ホンダのCBRシリーズは、1992年発売の初代『CBR900RR』から“Total Control~操る喜びの最大化~”を追求してきました。その基本は、公道での走りをより楽しめるスポーツバイクという考えでしたが、今度のCBR1000RR-R FIREBLADEでは、“操る喜び”を最大限に感じられるフィールドをサーキットへ移したのです。名称にもRが1つ増えて“アールアールアール”となり、欧米で親しまれてきた愛称である“FIREBLADE”も加わりました」とのこと。(削除)あくなきスポーツ性能を求めるホンダの意気込みが伝わってくる。
 デザインも非常に端正で、洗練されている。ホンダのレーシングマインドを象徴する赤、白、青をあしらったトリコロールカラーは、鮮やかでありながら落ち着いた凄みを感じる。大きな反響を得ており、発売からの出足は絶好調とのこと。電子制御サスペンションを採用するなど特別仕様の「CBR1000RR-R FIREBLADE SP」も同時発売中。
 なおホンダは、3月27日からウェブサイトで「Honda バーチャル モーターサイクルショー」を公開している。

ホンダの製品ラインアップ一覧(2020 年4 月20 日現在)

Yamaha(ヤマハ)

磨きをかけたフラッグシップ・待望の国内発売!――YZF-R1

YZF-R1

「YZF-R1」は、世界中のライダーから絶大な人気を得ているスーパースポーツであり、ヤマハのフラッグシップだ。昨年、東京モーターショーに2020年モデルが出展され、待望の国内発売に向けていよいよカウントダウンが始まっている。

YZF-R1は、「Full control evolution of track master」をコンセプトに、みなぎる力を高次元で制御し、サーキットを制する性能を照準に開発されている。2020年モデルは、排出ガス規制のEU5に適合しながらも、出力性能を維持。低回転域でのわくわくするような鼓動感と、高回転域での突き抜けるパワー、ライダーの感性と加速感をリニアにリンクさせるクロスプレーンエンジンが最大の特徴だ。その魅力が今回さらに熟成され、ヤマハが掲げる“人機官能”の喜びが、サーキットで存分に味わえる。
ヤマハ発動機販売でマーケティングを担当している井田龍太さんは、「数年前のモデルと比べると、もはや異次元の乗り物です。IMU(慣性計測装置)と連動した各種の電子制御が進化して、トラクションコントロール、スライドコントロール、ローンチコントロール、リフトコントロールといったさまざまな機能がバイクの挙動を制御します。しかもライダーが違和感を感じないように制御が介入するため、自然な操縦フィーリングが楽しめるのです。2020年モデルでは、さらにエンジンブレーキマネジメントとブレーキコントロールの2つの新機能が加わり、これまで以上にマシンの性能を引き出すことができると思います」と話す。いまや、スポーツバイクの最上位モデルは、サーキット走行でしか、その真価を味わうことはできない。より高いスポーツ性能を追求するライダーにとって、YZF-R1は2020年、垂涎の1台だ。
現時点(4月20日)ではYZF-R1の発売日、価格などは未発表。なお、特別仕様の上位モデル「YZF-R1M」も国内発売が予定されている。

ヤマハの製品ラインアップ一覧(2020 年4 月20 日現在)
PCサイトスマートフォンサイト
閉じる