バイク関連の情報を発信しています 
 Archive | 6月

「バイクの日」ダンス動画コンテスト YouTube/TikTokで投稿を大募集!

「バイクの日」ダンス動画コンテスト YouTube/TikTokで投稿を大募集

一般社団法人日本自動車工業会(自工会)と一般社団法人日本二輪車普及安全協会(日本二普協)は、今年も『8月19日はバイクの日 HAVE A BIKE DAY』を実施する*注。例年のようなイベント形式では行わず、ネット上に特設サイトを開設し、コンテンツを通じて二輪車の楽しさや有用性を紹介。ライダーはもちろん広く一般に向け、いっそうの交通安全を強力に呼びかける。

メインの企画は、YouTubeとTikTokを通じて全国から募集する動画のコンテスト。「バイクの日」の認知度を高めるため、訴求力が高いYouTubeと、若い世代(10代)の利用が多いTikTokをプラットフォームに採用。主催者が用意する『バイクの日のうた』のリズムに合わせて、応募者による自由な“ダンス動画”を投稿してもらう。最優秀作品は、8月19日に特設サイト上で発表。

バイクに乗る人も、乗らない人も、動画づくりを通じて交通安全意識を高めようというものだ。 動画の募集期間は、6月1日(月)~7月10日(金)まで。応募条件や応募方法、受賞者特典などの詳しい概要は、6月1日にオープンする特設サイトで公開される。
調査結果は、以下のウェブサイトからPDFデータを入手できる。

『8月19日はバイクの日 HAVE A BIKE DAY』特設サイト

●問い合わせ先
一般社団法人日本自動車工業会(広報室)
電話03-5405-6179
一般社団法人日本二輪車普及安全協会
電話03-6902-8190

「二輪車市場動向調査」の結果を読む 新車購入者にみる変化のポイント

『2019年度 二輪車市場動向調査』の結果によると、新車(二輪車)購入者の平均年齢は54.7歳。50~60代が新車購入の中核をなしている。購入した二輪車への満足度は、すべての項目で期待度を上回り、スピード感や爽快感、渋滞にまきこまれない特性が評価された。また、二輪車駐車場の整備、任意保険料の低料金化、高速道路の低料金化などがユーザーから期待されている。


一般社団法人日本自動車工業会(自工会)は、「2019年度 二輪車市場動向調査」を実施し、今年4月8日、結果を発表した。この調査は隔年で実施しているもので、二輪車を新車で購入した人の属性や使用状況などを把握する「新車購入ユーザー調査」と、市場活性化のヒントを探る「トピック調査」との2本立てとなっている。
 とくに「新車購入ユーザー調査」は、過去からおおむね同じ設問を続けており、新車購入者の特徴や使用実態の変化などを読み取ることができる。この記事では、今回の「新車購入ユーザー調査」の結果のなかから、大きな変化がみられた事柄や、注目すべき傾向をいくつか読み解きたい。

●新車購入ユーザー調査の概要

新車を購入する世代は「50~60代」がメイン

今回の2019年度調査で、二輪車を新車で購入した人の平均年齢は54.7歳で、前回の2017年度調査から2歳上昇した。(次頁グラフ参照)
 世代構成率を見るとボリュームゾーンは「50代」の30%で、「60代」も26%と多い。“人生100年時代”といわれるが、いまや50~60代が元気なことに違和感はない。「70代以上」の12%を含め、二輪車の新車購入は、50代以上が全体の68%を占めている。

●新車(二輪車全体)購入者の世代構成

近年の二輪車販売は、原付一種(~50cc)が減少傾向にあるが、原付二種(51~125㏄)は横ばい、軽二輪(126㏄~250㏄)と小型二輪(251㏄~)は微増傾向にある。
 それを踏まえて“排気量×タイプ別”で世代構成率を見ると、近年売れている「126~250㏄ オンロードタイプ」は、50代が30%(前回から8?増)、60代が20%(同6?増)となり、いわゆる1980年代の“バイクブーム世代”が、新車の軽二輪スポーツに回帰してきているものと推察できる。

●新車(126 ~ 250㏄ オンロード)・世代構成

この傾向は、製品価格の高い「401cc~ オンロードタイプ」ではより顕著で、50代が48%(前回から8?増)、60代が20%(同9?増)となった。最新の大型オンロードモデルに食指が動き、なおかつ購買力のある50代以上が、このクラスの新車市場をいっそう強力に牽引していることがわかる。

●新車(401㏄~ オンロード)・世代構成

一方、新車を購入した「40代」の構成率は、今回17%(前回から3?減)。30代以下は合わせて12%(同6?減)となった。より若い世代の構成率が減っているのは、たんに“若者のバイク離れ”と断じるのは早計で、若い世代が中古車市場へシフトしている可能性など、さらに検証してみる必要がありそうだ。

軽二輪スポーツのヘビーユーザーが増加

2019年度調査にみる新車購入ユーザーの週間使用日数は、全体平均で3.7日。前回調査から0.2?減少した。これに伴って、新車購入ユーザーの月間走行距離は、今回の全体平均が239kmで、前回調査から26km減少した。(次頁グラフ参照)
 これを“排気量×タイプ別”で見ると、とくに「126~250㏄ オンロードタイプ」では、週間使用日数が調査回ごとに減少しているなか、月間走行距離が300kmを超す“ヘビーユーザー”の構成比は減っておらず、ツーリングなどでの長距離走行は減っていないものと考えられる。近年の二輪車市場において、趣味性の高い軽二輪スポーツの人気が反映された変化・傾向といえそうだ。

週間使用日数と月間走行距離<全体>
週間使用日数と月間走行距離<オンロード>

新車への満足度は期待度より高い

「新車購入ユーザー調査」では、購入した新車に対し、事前に抱いた期待度と、使用した後の満足度について、さまざまな項目ごとに比較している。(次頁グラフ参照)
 期待度が最も高い項目は「燃費がよい」で、全体の72%から期待されている。続いて「自転車に比べて楽に移動できる」69%、「身軽に動ける」63%、「維持費が安い」60%、「交通の不便さが解消できる」55%などとなっている。
 こうした事前の期待に対して、使用してからの満足度との“差”に注目してみると、じつにすべての項目で満足度が上回っていた。とくに差が大きかったのは、「スピード感を楽しめる」が、期待度35%⇒満足度46%(11?プラス)でトップ。「乗っていて爽快感を味わえる」が期待度52%⇒満足度60%(8?プラス)、「交通渋滞に巻き込まれなくてすむ」が期待度48%⇒満足度56%(8?プラス)などとなっている。
 一方、差が小さかったのは、「身軽に動ける」期待度63%⇒満足度64%(1?プラス)、「駐車スペースを気にしなくてよい」期待度42%⇒満足度43%(1?プラス)、「維持費が安い」期待度60%⇒満足度62%(2?プラス)などとなっていた。

購入した新車(二輪車全体)への期待度と満足度の比較

期待される二輪車周辺のインフラ・制度の整備

調査はほかにも、二輪車の楽しみ方について、ツーリングやサーキット走行などレクリエーションの経験や、グローブやウエアなど関連用品の所有状況、二輪車の購入時の決め手となった要素などについて結果をまとめている(報告書を参照されたい)。
 さらには、二輪車を取り巻く周辺(施設やインフラ、制度など)に関して、二輪車ユーザーが何を期待しているかも明らかにしている。その結果を見ると、「二輪専用駐車場の整備拡大」と、「任意保険料の低料金化」への期待が最も多く、全体の45%が改善を求めている。
 ほかにも、「原付免許での運転可能排気量の拡大(125ccまで)」35%、「高速道路の低料金化」35%、「二輪車駐車場の低料金化」26%、「二輪車走行禁止区間の廃止」25%など、制度の見直しへの期待は大きい。

二輪車の周辺への期待(施設・インフラに対する期待)

この記事では取り上げなかったが、2019年度の「トピック調査」は、①レンタルバイクなどにおける二輪車のサブスクリプション(定額)の受容性、②一般の人々のニーズに合う二輪車ベネフィットの発掘、③求められる「あるべき販売店」と実際との差、④乗り換え需要の動機把握の4つをテーマに結果をまとめている。
 詳しい調査結果は、以下のウェブサイトからPDFデータを入手し確認されたい。

2019年度二輪車市場動向調査

●問い合わせ先
一般社団法人日本自動車工業会
TEL:03-5405-6179

リンク集

ゲットバイクとお付き合いのある企業・バイク関連サイトのリンク集です。

バイク関連リンク

AJ全国オートバイ協同組合連合会
全国の二輪車販売店とともに、二輪車の健全な普及を図り、業界の健全な発展と社会的地位の向上を目指す。全国オートバイ協同組合連合会のホームぺージ

【AJ大阪】大阪オートバイ事業協同組合
AJ大阪-大阪オートバイ事業協同組合のホームぺージ

【AJ京都】京都オートバイ事業協同組合
京都府下の二輪販売店による【AJ京都】京都オートバイ事業協同組合のウェブサイト

【AJ兵庫】兵庫県二輪自動車協同組合
HMC-兵庫県二輪自動車協同組合のホームぺージ

一般社団法人 日本自動車工業会
二輪報道関係者のための二輪車情報ホームぺージ「MotorcycleInformation」

用品関連のホームページ

バイク用品のことならBE-LAND(ビーランド)
バイク用品から車輛まで扱うトータルコーディネートショップ
BE-LAND(ビーランド)

GOLD MEDAL ゴールドメダル
スラッシュガードやマフラーなど、各種バイク用品を取り扱う「GOLD MEDAL」のホームページ。

BENE RICAMBI
ベスパを始めとしたヨーロッパスクーター用品専門サイト。
他のサイトではデッドストックになっているパーツも見つかるかも?!

ウィック・ビジュアル・ビューロウ
MotoGPをはじめとしたロードレースやオフロード・トライアルなど、各種DVDの販売・冊子販売を手がけるメーカー。

クシタニ
ライディングギアの老舗メーカー「KUSHITANI」のホームぺージ

ぱわあくらふと
トライアル&トレッキングマシン改造など、「ぱわあくらふと」のホームページ。

相互リンクホームぺージ

大雄山西円寺(滋賀県米原/黄檗宗)
滋賀県米原市にある古刹。
当寺には、妙善会(みょうぜんかい)という、滋賀県(米原市)にある700年の歴史を持つ古刹寺院・大雄山西円寺を民主的に運営をする団体があります。
居住地・国籍・宗旨に関係なく会員を募集しています。現代仏教に疑問をお持ちの方や仏教をもっと深く知りたい方は、ぜひともこの機会にご一報下さい。

バイク屋・バイクショップ専門のホームぺージ制作
月々一万円から始められるバイク屋・バイクショップ向けの在庫管理・広告機能付きのオリジナルデザインホームページを制作させて頂きます。
プロデザイナーによるデザイン&明瞭なお見積りと月々一万円からの格安価格設定で顧客満足度90%以上を達成しています。

I’mRider
滋賀から発信される、車種や住む場所にとらわれない、不特定多数のライダーが集まれるコミュニケーションの場となっているホームぺージ。
メーカー色にとらわれることがないうえ、掲示板やアンケートが豊富なので、生のライダーの声を聞くことができます!
その他、バイク選びのポイント・トラブル情報・旅情報など、盛りだくさん!!

Bike de ふらっと
天気のいい週末には、ここのHPを見てツーリングに出かけよう!
オススメの道や食事、温泉情報が満載。しかも、どれもがライダー自らの体験報告!コースは地図付で紹介されているので、そのままツーリングプランに活かす事ができます!

Workshop2&4
ユーザー車検に関するノウハウがぎっしり。バイクの維持費を押さえるためにも、やってみたいけどついつい二の足を踏んでしまうユーザー車検。
このHPでは2輪と4輪のそれぞれについて、必要書類や検査予約から終了までの行程が、体験談を交えながらわかりやすく紹介されています!

井上製作所
関西でペイントのことならお任せ下さい!京都府八幡市の「Inoue Factory – 井上製作所」なら、バイク塗装からヘルメット、タンク、その他デビルマンなどの等身大フィギャアまで、どんなものでもペイント致します!

株式会社光希
大阪府門真市のワーク支援センター 株式会社光

中古射出成型機販売・買取
中古射出成形機の販売・買取なら株式会社北斗精機

町田市・青葉区・麻生区の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り工事
町田市の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り工事はGOLDHOMEへ

「スーパーカブ C125」に新色を追加し発売

Hondaは、スーパーカブシリーズの初代モデル「スーパーカブ C100」を彷彿させるスタイリングに最新装備を採用するなど、上質感を追求した原付二種(第二種原動機付自転車)のパーソナルコミューター「スーパーカブ C125」に新色を追加し、7月31日(金)に発売します。

スーパーカブ C125(パールシャイニングブラック)

今回、気品あるスタイリングを引き立たせ、高級感のある「パールシャイニングブラック」を新たに追加。継続色の「パールニルタバブルー」「パールカデットグレー」と合わせて、全3色のカラーバリエーションとしています。

 スーパーカブ C125は、扱いやすく燃費に優れた空冷・4ストローク・OHC・124cc単気筒エンジンを搭載。高級感のあるエンジン外観にするとともに、各部の最適化を図ることで、より静粛で変速ショックの少ないスムーズな変速フィーリングを実現しています。また、専用のアルミキャストホイールや各部に配したクロームメッキのパーツなどで上品な印象とした外観と、省エネルギー性に優れたLED灯火器や、より便利にエンジン始動ができる「Honda SMART Key システム」の採用など利便性と快適性に寄与する装備で、幅広い層のお客さまに大変好評を得ているモデルです。

メーカー希望小売価格(消費税10%込み)
407,000円(消費税抜き本体価格 370,000円)

2019年・二輪免許の取得件数が増加 50代は年間1万人超える

警察庁の『運転免許統計』(令和元年版)が同庁のWebサイトに公表された。2019年1年間のデータが最新情報として更新されたもの。過去の統計にも遡り、2009年から2019年までの11年間について、普通二輪免許と大型二輪免許の交付件数(新規免許+併記免許=その年の当該免許取得件数とみなす)を集計し整理した。
 2019年の1年間で、普通二輪免許を取得した件数は、前年より7,048件多い17万1,602件(前年比104.3%)となり、2年連続で増加した。17万件を上回ったのは、2015年以来、4年ぶり。
 一方、2019年の1年間で、大型二輪免許を取得した件数は、前年より3,200件多い7万4,770件(前年比104.5%)となり、3年連続の増加となった。

普通二輪免許・大型二輪免許交付件数の推移(2009 年~ 2019 年)

免許取得件数を年齢層別に見ると(次頁表参照)、2019年の普通二輪免許の取得に関して、前年より減少したのは「10代」だけで、ほかのすべての世代で前年の件数を上回った。とくに、「50代」の取得件数は9年連続で増加しており、2019年は1万件を超えた。10年前の2009年と比較すると2倍(208.3%)に増えている。また、「60代以上」の取得件数も2倍以上(226.4%)に増えており、50~60代の二輪免許志向は、年々高まっているのが明らかだ。

一方、大型二輪免許の取得件数に関しても、前年と比べて減少したのは「10代」だけ。「20代」以降はすべての世代で前年を上回っている。とくに「30代」が前年より増加したのは2007年以降で初めてのこと。そしてここでも、「50代」の大型二輪免許取得件数は1万2,776件を数え、対2009年比で3倍強(318.7%)に増加している。同じく「60代以上」は1,449件で、対2009年比3.5倍(348.3%)の伸びとなっている。「50代」および「60代以上」の件数を合計すると、sほぼ「30代」と同等の件数になり、決して小さい数とはいえない状況だ。
 熟年世代の二輪免許志向の拡大は、二輪車市場へも少なからず影響を与えるものと考えられそうだ。

普通二輪免許の年齢層別交付件数(2009 ~ 2019 年)
大型二輪免許の年齢層別交付件数(2009 ~ 2019 年)

●問い合わせ先
『運転免許統計』に関する問い合わせは警察庁
TEL:03-3581-0141

PCサイトスマートフォンサイト
閉じる